おぎもくブログ

こだわりの中温乾燥

(株)おぎもくは、中温乾燥にこだわる理由の一つとして、木材の成分を抜けないようにするためと以前書きましたが、実際に実験された方の本がありましたので紹介します。
ガンは治る ガンは治せる」という本で、九州大学の綿貫教授と言う方が実験をされています。その中の一部を抜粋します。
船瀬  そうです。木の香りが高い低温で乾燥させたスギと、高温で乾燥させたスギを貼った床で調査してみると、同時期に流行ったインフルエンザでの罹患率が、高温乾燥させたスギの床の教室の生徒に比べると、低温乾燥させたスギの床の生徒は10倍ほど低いんですねだからシックスクール、ということはありますね。学校も天然素材で作ると、そうとう精神が安定するそうです。
編集部 住まいも同じですが、うつわというのも、大切ではないでしょう か。食べ物や教育、生き方から発生することもありますが、うつわから出ている、病気というものもしんこくなのえはないですか。
船瀬  クロス、と言っていますが、塩化ビニールですから。そしてそのしたには、ホルムアルデヒドやなんかが隠れていまして、そうとうカビもあります。
確かに高温乾燥させた製品は、木の香りがほとんどしません。
当社では、これからも中温乾燥にこだわっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です