おぎもくブログ

このような製材もしています

くの字の形をしています。

普通の帯鋸台車では、途中で木材を曲げて製材することが出来ないので
2方向から、慎重に製材します。

ミリ単位の調整を繰り返して、ロスを出すことなく無事製材できました楽しい
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です