おぎもくブログ

すぎもく 仕上げ加工

杉床 すぎもく15の加工の様子です。
中温乾燥でじっくりと乾燥し、1か月以上養生をして
選別・補修を終えた原板を1枚ずつモルダーと言う機械に投入します。
投入前の原板。


加工中。

加工後、品質管理者が1枚1枚、仕上げ・等級の最終確認をして更に選別します。

いくつもの工程を経て、完成します。
製材から含めると、完成品まで
約2か月間!!の時間がかかります。
(多くは、乾燥と養生時間です。)
ここまで時間をかけることにより
施工後 反り・曲りのほとんど生じない、木材本来の香り・成分を残した
杉 無垢フローリングが誕生します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です