おぎもくブログ

フローリング

当社の杉 無垢フローリングは、含水率・品質はもちろんのこと
加工精度もこだわっています。
例えば2枚のフローリングをさねに合わせた時、段差がほとんど生じません。
加工精度が悪いものだと、1mm近くの段差が生じることがあります。
今でも「無垢材とはこういうものだ」や「これくらいは気にしない」
などの意見が多いです。
確かに、杉は刃物受けが悪く加工が難しい材料ではありますが
長年改良を重ねほとんど狂いのない製品をつくることに成功しました。
なにより、住む人のことを考えると妥協はできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です