おぎもくブログ

プレーナー仕上げ

杉平角構造材を中温乾燥で乾燥後、養生期間を終えて
4面プレーナーの仕上げに入ります。
こちらが、加工前の構造材。
ぼやけたような色合いになっています。


これがプレーナーと言う機械で、構造材を仕上げていきます。

ただ構造材を流すだけではなく、木のクセを読みながら微調整をします。

加工後。
綺麗になりました。中温乾燥ならではの柔らかい色合いになっています。


全ての材料の加工後、プレカット工場へ搬入します。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です