おぎもくブログ

丸太の仕入れ

製材とは、丸太を板や角材にするだけと思っている人が多いと思いますが
実は、
全く違います
と言うのも、丸太は自然素材の為 
個体差が大きく製材後の製品を比べるとかなり違ってきます。
また、同じ丸太でも 心材、辺材部分で
色合いなども大きく変わってきます。
その為、フローリングを製材するには 木材市場での
丸太の仕入れが重要になってきます。
木材市場では、
セリ方式1番高い価格を提示した買い方にセリ落とされる仕組みです。
その為、セリ前に 丸太の状態を確認して製品をイメージします。
木材市場。
多くの丸太があります。


このように、何本かの固まりになっていて、固まりごとにセリを行います。
丸太に張り付けてある紙に、
本数(立方メートル)、長さ直径のサイズ産地等が記入してあります。
セリ開始前に、丸太の品質をチェックします。
これは18本でひとつの固まりですが、1本1本違うので総合的に判断します。


セリ風景。
1番高い価格を表示した買い方に競り落とされる仕組みです。
そのため、どんどんセリ上がるときもあります。


フローリングに適した丸太は少な目なので、しっかりとチェックします。
そして、いよいよ競り落とした丸太を製材工場で製材します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です