おぎもくブログ

丸太の皮

春の時期になると、丸太の皮が自然に取れていきます。
このように大きく取れる丸太も。

これは、木が暖かい時期になり活発に活動を始める為といわれています。
この時、多くの水分を吸い上げるため丸太は大量の水を含んでいます。
実は、この事が製材所にとって良くはありません。
大量の水分を含むことによって、丸太が傷みやすくなり虫も入ってきます。
乾燥時間も長くなってきます。
しかし、「木は生きている!!」と実感できる時期でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です