おぎもくブログ

乾燥・加工後 杉構造材

木材人工乾燥機に入れ、4面プレーナーで木づくりした 杉構造材です。


自然に乾燥させる天然乾燥に最も近い中温乾燥で乾燥しています。
中温乾燥の特徴である心材と辺材の色の違いがはっきりとしています。

高温乾燥だと乾燥時間も短いけれども木材が本来持っている成分が
抜けてしまう恐れが高いので当社では採用していません。
このあと、プレカット工場へ運びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です