おぎもくブログ

乾燥木材とは?②

 

木材に含まれる水分は、大きく2つに分かれます。
それが、自由水結合水です。
自由水とは、普通の水のことです。
一方、結合水は、木材の分子と結びついている水のことです。
言葉にすると難しいですが
例えば、スポンジに水を含ませた状態と考えると、含ませた水が自由水で
スポンジを形成している分子を結び付けているのが、結合水です。
木材の乾燥は、まず自由水が抜け自由水が無くなると
結合水が抜けていきます。
自由水が完全に抜けた状態で、含水率は約30%で繊維飽和点と言います。
ここで、前回の疑問ですが含水率150%がありえるかと言えば
ありえます。
含水率は、重量比のため木材が100gでも水分を150g含めば
含水率150%になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です