おぎもくブログ

乾燥木材とは?

最近は、乾燥木材と言う言葉が、なじんできたように思いますが
まだまだ、ファジーな感覚で使われているように思います。

そこで、乾燥木材について書こうと思います。
まず、乾燥木材とは、文字通り木材を乾燥させたものです。
そして木材の乾燥度合いは、含水率(がんすいりつ)で示します。

含水率とは、木材に含まれる水分の重量比のことです。
例えば、100gの木材に水分が50g含まれていると
含水率50%になります。

含水率計。
この機械で、含水率を計ります。

そうすると、含水率90%の木材が含水率50%
になれば、乾燥木材と呼べるのか?
含水率100%超える木材もあるのか?
など、いろんな疑問が出てきます。
これらの疑問を少しずつ書いていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です