おぎもくブログ

乾燥材へのこだわり④

木材の乾燥方法で1番いいのは、自然に乾かす天然乾燥です。
天然乾燥だと木材も穏やかに乾燥し、昔から使われている乾燥方法です。
弱点としては、乾燥時間が非常にかかり、含水率も安定しない場合があります。
最近の主流は、温度を100℃以上まで上げる高温乾燥です。
乾燥期間も短くコストも抑えられます。
ただ、木材に本来含まれている成分も抜けてしまう恐れもあります。
そこで、おぎもくでは温度を最大70℃以下で乾燥する中温乾燥を採用しています。
自然乾燥に近い中温で乾燥する事により、
木材本来の特性を残したまま乾燥できます。
高温乾燥に比べ、乾燥時間がかかりますが仕上がりは全く違います。
少しコストアップになりますが、木材にも人にも本当に優しい中温乾燥を
おぎもくは、おススメします
楽しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です