おぎもくブログ

乾燥機入れ

 

杉 構造材を製材した後 木材人工乾燥機に入れます。

この乾燥機で、長さ14mまで入れることが出来ます。

中温乾燥でじっくりと乾燥しますが 高温乾燥に比べ倍近く時間をかけて
乾燥します。

コスト、納期だけを考えると高温乾燥がいいのですが
高温乾燥だと 木材が本来持っている成分が抜ける可能性が高いので
施工後、何十年先の家の事を考えて 中温乾燥方式を取っています。

毎日、木材に触れていると やはり高温乾燥材は違和感を感じます。。<br>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です