おぎもくブログ

住宅瑕疵担保履行法

先週末、「住宅瑕疵担保履行法」が平成21年10月1日よりスタートと
新聞の折り込みに入っていました。



内容は、購入した新築住宅の瑕疵(欠陥)に対して、
事業者が倒産した場合でも補償金を受け取ることが出来る法律です。
詳しくは「財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター」
に載っています。
この制度は、自動車で言う自賠責保険に近いものだと思います。
違いは業者の方の保険制度なので、施主の方が入る保険ではありません。
こんなことを言うとおかしいかもしれませんが、
きちんとした材料で普通に建てると欠陥は、まず起きません。
「食」の問題もそうですが「構造計算偽造」などモラルの問題なのは
悲しいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です