おぎもくブログ

傷が付かないフローリングとは

 

フローリングの話になると、ほぼ必ず言われる言葉があります。

 

それは

 

傷が付かないフローリングが欲しい

 

 

 

 

 

 

一番傷が付きにくいフローリングは、新建材です。

新建材とは、集成材など板を張り合わせたもので無垢材ではありません。

そして、無垢材だとウレタンなどで塗装したフローリングやオークなど固い樹種

のフローリングがあります。

 

 

 

おそらく、傷の付かないフローリングと言うと、この辺りを勧められると。

 

 

 

 

 

しかし、メリットだけでなくデメリットまで説明される方は

そう多くないのでは。

 

 

 

新建材は傷が付きにくく種類も多いですが、接着剤を使用している為

調湿作用はありません。

 

 

ウレタン塗装は傷は付きにくくなりますが、調湿作用が遮断されるため

湿度が調整出来なくなり、無垢材にとっては良くない状態になります。

 

 

広葉樹などの固い樹種のフローリングは、傷が付きにくいです。

固い木が多い為、足にかかる衝撃も針葉樹に比べ大きく、また比較的高価なものが多いです。

 

 

 

 

 

一方 杉 無垢フローリングは柔らかいです。

 

 

柔らかいということは、傷も新建材や広葉樹に比べ付きやすくなります。

しかし、柔らかいということは、足にかかる衝撃も緩和します。

足にかかる衝撃は、実際に体験しないとわからないですが、大きく違います。

 

 

 

そして、無垢材ならではの木の香り調湿作用抗菌作用などがあります。

しかし目に見えないものばかりなので、実際に住んでみないと

わかりにくい面もあります。

 

 

 

このように、いろいろと特徴があります。

また傷に関しても、人によって見方が大きく違ってくるので

どれを優先するかで、フローリング選びが変わってくると思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です