おぎもくブログ

化粧 平柱

8月に三重県のプレカット工場に搬入する物件で

杉の化粧平柱があります。

 

 

 

 

長さ5m×120mm×240mmの大きなサイズなので、工務店様に芯挽き(背割り)

をいれてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芯挽き(背割り)とは、芯持ち材の乾燥による化粧面の割れを防ぐために

乾燥前に見えない部分に鋸で割れを入れる作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芯挽き(背割り)後は、他の杉 平角材と一緒に乾燥機に入れました。

中温乾燥約18日間、じっくりと乾燥します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です