おぎもくブログ

新聞記事より

4月6日の日本経済新聞に林業の就業相談会に
若者らが殺到との記事が出ていました


リーマン・ショック以降特に参加者が増加したようです。
林業は、高齢化が問題になっていると10年以上前から言われています。
丸太が、市場に出てこなくなると製材所も無くなるので
林業の若手が増えることは、活性化につながり期待も膨らみます
楽しい
ただ記事にも書いてありましたが、自然と向き合うため
生活環境が一変し、辞める人も多いと。
製材業もですが、職人の部分が多く占めているので
難しいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です