おぎもくブログ

木材の新常識

多くの人は、木材は反るものだと思っています。
確かに、乾燥による木の細胞の収縮等で反り・変形がおこります。
今までの常識は、「木材は反る」でした。
しかしきちんと乾燥・養生すれば、ほとんど反ることはありません。
ただ、なかには未乾燥材が乾燥材として出回っている場合もあり、
大工さんにも乾燥材も反ると認識されている方もおられると思います。
内装材に関しては、最低でも含水率12%以下まで一度乾燥させないと、
施工後に反ってくる可能性が非常に高くなります。
木材の新常識は、きちんと乾燥・養生すれば、「木材は反らない」です。

4年前の台風23号による床上浸水にも当社のフローリングは耐えましたひらめき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です