おぎもくブログ

杉 フローリング 経年変化

 

和久湧久工房内の杉 無垢フローリング経年変化の状況です。

平成22年1月に施工で、24年7月6日現在で、2年7ヶ月経っています。

39mm厚 杉 無垢フローリング。

30mm厚 杉 無垢フローリング  エンドマッチ加工。

どちらも、実(さね)の隙間が、ほとんど開いていません

この状態を見て、ほとんどの大工さんが驚かれます。

どうしても無垢材は、施工後 反り・曲がりが生じると言う 
固定観念が 大きいようです。

しかし、丸太選別製材乾燥養生加工を正しくすれば、
施工後、反り・曲がりが生じることは、ほとんどありません。

もちろん、木の本来持っている特性を生かすため、すべてこだわりの中温乾燥です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です