おぎもくブログ

杉 構造材 4面木づくり加工

杉 構造材の製材・乾燥・養生が終了し、いよいよ4面木づくり加工に入ります。


最初に製材した状態。多量の水分を含んでいて、見るからに重そうですね。

そして、約3週間 中温乾燥でじっくりと乾燥し、その後、倉庫内で養生した状態です。
見た目もなんとなくカサカサした感じで木材の変形もあります。

最後に、4面木づくり加工で仕上げをします。
職人の手により、木材のクセ・向きなどを考えて直材になるよう木づくりします。


そして、杉 無垢構造材の4面木づくり材の完成です!!
加工前に比べ、つやが出て、中温乾燥独特の柔らかい色合いになっています。

この後は、プレカット工場に持っていき、ホゾ等の加工をして、上棟を迎えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です