おぎもくブログ

杉 無垢フローリング②

丸太選別終了後、製材に入ります。
選別後 杉丸太

製材により、多くの原板が出てきます。

ぱっと見たところ、すべて同じように見えますが
すべてがフローリングになるわけではありません。

例えば、この2枚を比べてみると。

左側は綺麗な色をしてますが、右側は少し木が傷んでいます。
右側は、フローリングにはなりません。

こちらの2枚は、色が違います。
一般的に、製材とは、丸いものを四角にするイメージがありますが、
1本1本すべてチェックしながら製材するので
フローリング、SD材、下地材、構造材等多くの種類ができます。


その為、1本の丸太から20種類以上の部材が取れることも。
すべて、職人の腕で選別していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です