おぎもくブログ

杉 無垢フローリングの価格差③

杉 無垢フローリングの価格差の理由のひとつに、選別内容と乾燥工程があると前回書きました。
では、どのようにして選べばいいか?
厚みやサイズによる価格差もあるので、
同サイズの場合とします。
一番大事なのは、乾燥状態です。
乾燥には、乾燥機で乾燥する
人工乾燥と自然に乾燥する天然乾燥がありますが
乾燥後の製品の
1番高い含水率が何%以下かが分かっていることが重要です。
少なくとも、含水率を1度12%以下まで落としたものでないと、施工後の反り・曲りの確率は上がります。
残念ながら、人工乾燥も天然乾燥も含水率が高い製品が存在しています。
その為、含水率の確認が大切になります。
特に杉は個体差が大きいため、
全ての材料の含水率を確認しないと製品の品質が安定しません
 
大事なのは、
乾いているか乾いていないかではなくて、含水率が何%以下まで乾燥している製品かの確認です。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です