おぎもくブログ

杉 無垢フローリングの価格差

杉 無垢フローリングの価格は、いろいろあります。
それには、
2つの大きな理由があります。
それは、
等級の品質と製造工程です。そこには、無垢材ならではの理由があります。
等級の品質について。
杉は丸太の個体差が大きい樹種です。
その一例ですが。
色の真っ黒なもの



虫やシミが入り込んだ丸太。


辺材の部分が、枯れてしまったもの。

葉節が入ったもの。

少しわかりづらいですが、葉節が入ってます。

これらは、まだ一例ですがフローリング用の丸太を仕入れようとすると
丸太が限られてきます。


ここから難しくなってくるのが、等級の選別です。
等級というのは、
フローリングのグレードですが
多くは、 
無節(節なし) 
    上小(節のほとんどないもの) 
    小節(節の小さいもの)
    節有化粧(節がありきれいなもの) 
    節有(節があるもの)

などに選別されます。
実は、この選別が
それぞれの製材工場によって違っています
例えば、小節でも節の大きさの基準が異なっていたり
節有化粧でも、このように流れ節の目立つものが入っていたりします


このように、小節グレードでも大きい節が入っていたり、流れ節や色の黒いものなど
見た目があまり良くないものが化粧材に入っていれば、価格は安くなっている場合があります。
大切なのは、
グレードに対する等級がどのようになっているかですね。
しかし、価格差はそれだけではないのです!!
それが、
製造行程です。
(次回に続きます)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です