おぎもくブログ

杉床 すぎもく

 

杉床 すぎもくは、丸太の仕入れから 製材・乾燥・加工まで
自社で一貫して製造する 杉 無垢フローリングです。

杉床 すぎもくの特徴

   ①フローリング用の丸太の選別
 
               

     フローリングに最も向いている杉丸太を木材市場で仕入れます。
     丸太を仕入れた後、工場で更に用途別に選別します。

   

   ②自社製材

    
     仕入れた丸太を、全て自社で製材します。
     すべてが、フローリングになるわけではなく
     製材時に何種類にも選別します。
     選別により、製品の品質が安定します。

   ③中温乾燥

     製材した原板は、すべて中温乾燥でじっくりと乾燥します。
     原板時には、含水率もバラバラなので、最も含水率が高い原板を
     基本として、乾燥します。その為 すべての原板が含水率10%以下になります。

   ④養生

     乾燥後の原板を、倉庫内で最低でも1ヵ月以上養生します。
     養生することにより、含水率が安定し 施工後の反り・曲がり等が
     ほとんど生じなくなります。

   ⑤補修

     乾燥により生じた節の割れなどの補修作業をします。
     ここでも選別をします。

   ⑥加工

     原板を、加工します。
     木の向きを確認しながら、1枚ずつ丁寧に加工します。

木は、生き物なので 個体差がかなり大きいです。
丸太を、ただフローリングサイズに製材するだけでは、品質もバラバラになります。

(株)おぎもくでは、丸太仕入れからしているため、製品の履歴をつける事が
できます。

兵庫県産京都府産に対応しているので、お気軽にご相談ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です