おぎもくブログ

杉 構造材

杉 構造材の製材をしています。
こちらは、乾燥機に入れる前の状態。
水分を多く含んでいるため、艶があるように見えます。
色合いもくっきりとしています。そして重いっ!!


こちらが、乾燥後 養生している状態です。
水分が抜け、色合いもくすんだようになっています。
ぱっと見は、あまり綺麗じゃないですが。


こちらが、4面プレーナーと言う機械で木づくりした製品です。
くすんだように見えた乾燥後の材料も、綺麗になります。
また、
木材を傷めない中温乾燥なので、心材と辺材の区別(色の赤い部分と白い部分)もはっきりしています。

製材から木づくりまで、約1ヵ月半の時間がかかります。
ほとんどが乾燥時間と養生時間ですが、どちらの時間も削ると
見た目は同じでも、製品の品質が大きく変わってくるので重要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です