おぎもくブログ

無垢フローリングの見分け方

無垢フローリングの見分け方はいろいろありますが
製造のプロは、まずここを見ます。
こちらは
施工後、約4年が経過した杉床 すぎもくです。
(厚み39mm、等級 小節グレード)


ポイントは、実(さね)です。
実とは、フローリングとフローリングの幅のつなぎ合わせた部分です。


ここに隙間があるかないかで、乾燥状態がある程度わかります。
ここで重要になるのが、
施工後どれくらいの期間が経過しているか
もしも、隙間が開いていた場合
どれくらいの隙間があるかです。
目安の期間施工後 約半年
その時に、
隙間が1mm以上あれば、乾燥不十分の可能性があります。
詳しくは、次回以降に書いていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です