おぎもくブログ

無垢材だから?

 
これは、フローリングの実(さね)の隙間が広がっている写真です。

こういった写真を見ると、ほとんどが「無垢材だから仕方ない」と返事が帰ってくると思います。
また、多くの人がそれで納得されています。

しかし、(株)おぎもくは、それはおかしい!!と言います。

実の隙間が開くのは、正しくはフローリング(木材)の収縮です。
もちろん、施工時は、収縮していません。
つまり、含水率の高いフローリングで施工したため、数ヶ月後くらいに
木材が収縮し、隙間が開いたようになります。

逆に言えば、きちんと乾燥し、養生期間をしっかり取った後、加工すれば
施工後、収縮することは、ほとんどありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です