おぎもくブログ

無垢(むく)材と集成材

木材製品には、無垢材集成材に大きく分かれます。
無垢材は、1枚ものの材料です。
一方、集成材は、ラミナと呼ばれる板を接着剤で張り合わせたものです。
柱や構造材に使われ、ほとんどの大手ハウスメーカーが集成材を使用しています。
無垢材(1枚ものです) 無垢材(1枚もの)
集成材(張り合わせです) 集成材(張り合わせ)
無垢材は、木が本来持つ調湿作用、心を落ち着かせる作用などがあります。
反面、乾燥していないものは、反り、曲がりが生じることがあります。
集成材は、使用できるサイズが非常に広く、巨大ドームなどにも
用いられます。
しかし接着剤の使用により、シックハウス症候群の原因のひとつとも言われていました。
現在では、建築基準法によりクロルピリホスを含んだ建材の使用禁止。
ホルムアルデヒドを含んだ建材の使用面積の制限ができましたが、
まだまだ最低ラインに思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です