おぎもくブログ

賃挽き

 

 

 

大阪の業者様より、杉丸太の賃挽きと乾燥を承りました!!

 

 

 

 

直径は、約50cm。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店舗のカウンター材にされるそうです。

 

 

 

 

 

製材後は、中温乾燥でじっくりと乾燥します。

 

 

 

 

特に天板など材の厚みが大きいものは、急激に乾燥すると

乾燥後に反る可能性も大きくなってくるので、時間をかけて乾燥し

乾燥後の養生時間を多く取ります。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です