おぎもくブログ

長尺材製材

 

構造材用の杉丸太を製材中です。

 

 

長さは、6mと7m。

 

 

杉は個体差が大きく、6~7mの長さになると木のクセも大きくなるので

丸太の見極めが大事になってきます。

 

 

製材後は、木材人工乾燥機で、中温にてじっくりと乾燥します。

特に構造材は、自然乾燥だと年単位の時間が必要になるので

乾燥方法が重要になります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です