おぎもくブログ

2度の床上浸水にも耐え抜いた 杉無垢フローリング

 

 

(株)おぎもくの事務所に 杉床 すぎもく39mm厚を施工しています。

 

 

 

 

 

 

 

施工して15年近く経過しますが、現在までに台風、大雨と2度の床上浸水の被害に遭いました。

 

 

1度目は、2004年10月の台風23号。

 

2度目は、2014年 8月の大雨。

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年8月の大雨。

この時は、10cm以上の床上浸水が10時間以上続き

水が引いた後は、このように泥まみれになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、2016年11月の状態。

 

 

 

 

 

 

 

2度の大雨で、計24時間以上も水に浸かりましたが

さねの隙間が、ほとんどありません

 

 

 

 

 

 

実は、大工さんなどプロの目から見ると非常に驚くべき現象に映ります。

 

 

 

 

それくらい、フローリングは施工後 反ると言う認識が多くあります。

しかし、ほとんど反らないフローリングの製造は可能です!!

 

 

 

 

 

 

因みに事務所は土足用なので、そのままにしていますが

サンダー等で表面を研磨すれば、再び新品同様になります。

 

 

 

これは、新建材では絶対に出来ない無垢材の良さですイヒヒ

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です