おぎもくブログ

月別: 2019年3月

自然塗料を塗装されています

 

 

杉床すぎもく 15mm厚 Fグレードを施工される前に

作業場にて自然塗料オスモのフロア―クリアを塗装されています。

 

 

 

 

 

 

 

塗装される時は、自然塗料蜜蝋等がおすすめです(^-^)

 

 

杉床すぎもく グレード別紹介

 

杉床すぎもくは、中温乾燥のこだわりの杉の無垢フローリング

グレード別の紹介です。

 

 

 

 

 

上小(じょうこ)グレード

上小グレードは、無節もしくは、わずかな大きさの節があるフローリングになります。

実際は、無節材が多く入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小節グレード

小節グレードは、上小グレードよりやや大きな節が入っているフローリングになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fグレード

Fグレードは、節有の化粧材で

その中で心材のみ(赤身)のフローリングになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mグレード

Mグレードは、節有の化粧材で

辺材と心材のある源平になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮作り(うづくり)加工

浮作り加工は、フローリングの表面を削り

冬目を浮き上がらせる加工です。(すべてのグレードに対応できます)

表面を凸凹にすることにより、足触りがとても良くなります。

また傷も目立ちにくくなり、味わい深くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚みは、39mm30mm15mmの3種類です。

 

 

 

 

 

 

施工中です

 

先日上棟されたS様邸。

早速、杉床すぎもくを施工されています。

 

 

 

 

杉床すぎもく30mm厚 Mグレード

 

 

 

 

 

杉の無垢材に囲まれた趣味の部屋は

癒しの空間になると思います。

 

 

完成しました!!

 

丹波市のH様邸完成しました!!

1階も2階も 杉床すぎもく30mm厚を使用されています。

 

 

 

 

杉床すぎもく30mm厚 Mグレード

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく30mm厚 Fグレード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、全て浮作り加工仕上げです。

足触りや歩行感が抜群に良くて、部屋を暖められたら

床暖房をしているように感じると、施主様も大満足されていました(^-^)

 

 

 

 

 

天井は、30mm厚の二重貼りです。

こちらも、浮作り加工仕上げで、良い感じに仕上がっています。