おぎもくブログ

カテゴリー: ブログ

リフォーム現場

 

篠山市の、リフォーム現場です。

 

 

 

 

 

フローリングに 杉床 すぎもく15

壁に杉 白無節羽目板

使用されています。

 

 

 

最近では、杉床 すぎもくシリーズと杉羽目板の組み合わせ

人気急上昇中です(^_^)

 

 

大径木製材

 

米松の丸太を賃挽きしています。

 

 

 

 

 

 

直径は、約1m!!

 

 

 

 

 

これほど太い丸太は、なかなか見ることはないので

大迫力ですね!!

 

 

上棟されました!!

 

 

京丹波町の建照工務店様が上棟されました。

 

 

 

 

 

構造材も柱も全て材です。

 

 

 

180mm角の柱は、迫力がすごい!!

 

 

 

梁も化粧材で使用されます。

 

 

 

 

リフォーム完成

 

 

 

宍粟市の小川建築様のリフォーム現場が完成しました。

 

 

 

 

 

 

杉床 すぎもく30mm厚で下張りしてから、杉床 すぎもく15mm厚

の化粧張りをされている、こだわりの工務店様です。

 

 

 

いい感じに仕上がっています(^-^)

 

上棟されました!!

 

 

篠山市の(株)中井工務店様の上棟日です。

 

 

 

 

 

構造材は杉で、柱は桧を使用されています。

中温乾燥ならではの、木の良い香りで溢れています。

 

 

 

 

どちらも兵庫県産木材中温乾燥木材です。

 

 

国の地域型グリーン化事業として、地域材を使用する取り組みで

地域の活性化、森林資源の活用をはかろうとされています。

 

 

腰板

 

腰板の準備中。

 

 

 

 

今回は、加工なしの注文の為

荒材での納材になります。

 

 

このパレット4つ分の量を用意します。

 

 

 

ムク床材で園児活発に

 

 

日刊木材新聞 2017年5月13日の記事からです。

 

 

 

 

記事によると、内装を木質化にしたほうが、RC造複合フロアの直張りに比べ

園児の歩数が増え、また内装木質化の程度により

熟睡時間が増え、翌日の仕事の効率が上がることがわかったそうです。

 

 

 

 

杉床 すぎもくを施工された施主様にアンケートをお願いしていますが

 

 

子供が風邪をひかなくなった

不眠症が治った

愛犬が元気になった

 

 

等の意見を頂いていましたが、データでも提示されると

うれしいですね(^-^)

 

 

 

もちろん、杉床 すぎもくは、木の本来の成分を残す

こだわりの中温乾燥材です。

 

 

上棟されました!!

 

丹波市の(有)津根工務店様が上棟されました!!

 

 

 

 

 

構造材は、米松

登り梁三角屋根にされています。

 

順調に進んでいます(^-^)

 

 

 

 

 

お寺の庇(ひさし)

 

丹波市の酒井工務店様の現場です。

お寺の庇の建て方が進んでいます。

 

 

 

 

大黒柱は、ケヤキ8寸(240mm)角

 

 

 

 

桁は、米松ピーラー300mm幅の柾目材

 

 

 

軒天には、杉の無節上小の化粧野地を使用されています。

 

 

趣のある良い仕上がりとなっています(^-^)

 

 

上棟されました!!

 

 

篠山市の(株)中井工務店様が上棟されました。

 

 

 

 

 

 

構造材は、杉柱は、桧を使用されています

 

 

 

全て兵庫県産木材で、中温乾燥木材です(^-^)