おぎもくブログ

カテゴリー: すぎもく

リノベーション現場

 

 

丹波市の酒井工務店様のリノベーション現場です。

 

 

 

 

古民家の倉を住居にされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母屋から渡り廊下を改修して、倉の内部につながります。

渡り廊下に、桧 厚み30mm、巾120mmの上小材を施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内部も 杉床すぎもくを施工される予定です。

 

杉床すぎもく 納材しました

 

 

 

伊丹市の田中住建株式会社様に、杉床すぎもく39mm厚(Fグレード)

納材させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

39mmの厚みは、迫力がありますね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fグレードは、節あり、赤身化粧材になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平屋新築の現場に使用されます(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

古民家リノベーション現場に杉床すぎもく

 

 

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様の古民家リノベーション現場です。

 

 

LDKや寝室に杉床すぎもく15mm厚 Mグレード(エンドマッチ加工)

を施工されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンドマッチ加工は、施工性が抜群に良く大工さんにも大好評です(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古民家大改修の現場に杉床すぎもくを施工されました

 

福崎町の古民家大改修の現場です。

和室四つ間取りの部分が完成しました。

 

 

 

畳も入り、以前使用されていた建具も使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく 30mm厚 小節グレード(浮づくり仕上げ)になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

浮づくり仕上げにより、足触りも心地良いです(^-^)

 

 

杉床すぎもく納材しました

 

 

福知山市の小谷産業(株)様の現場です。

 

 

 

杉床すぎもく30mm厚 上小グレードを納材させていただきました。

2階分になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

1階分は、後日納材になります。

温水の床暖房をされるので、仕上がりが楽しみです(^-^)

 

 

 

 

ウッドショック

 

 

国産材の相場が上がり続けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出荷量も増えていますが、ほぼすべての丸太が競り上がります。

しばらくは、この状態が続きそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、杉床すぎもく用の丸太を競り落としました。

 

古民家改修現場

 

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様の古民家改修現場です。

 

 

 

天井を外し、小屋組みの梁丸太を現しにして、古民家の風情を活かされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉の節あり化粧材の羽目板を施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床は、杉床すぎもくを施工されます。

どのように仕上がるか楽しみですね(^-^)

 

杉床すぎもく出荷しました

 

丹波篠山市の暮らしズム様の現場に杉床すぎもくを納材させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく15mm厚 Fグレード(節あり 赤身化粧材)

エンドマッチ加工

 

 

 

 

 

 

 

 

以前納材させて頂いた施主様から再度のご注文を頂きました。

 

 

 

また、新規のお客様からの問い合わせも多く頂いています。

最近は、エンドマッチ加工品の注文が大幅に増加しました(^-^)

 

 

 

 

杉床すぎもくは、丸太の仕入れから製材・中温乾燥・養生・加工の工程を

すべて自社で行っている、杉の無垢フローリングです。

丸太が高騰しています

 

 

山崎木材市場に丸太の仕入れに行きました。

 

 

 

 

 

 

新型コロナの影響で外材の輸入が減り、代替品として国産材にシフトする業者が増えたので

競り単価が大きく上昇しています。

 

 

 

 

 

 

特に桧や杉の二番丸太の上昇が大きいですね。

相場もしばらくは、このままか更に上昇する雰囲気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、杉床すぎもく用の丸太を競り落としました。

 

 

古民家改修に 杉床すぎもくを。

丹波市の酒井工務店様の古民家の離れの改修現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

離れの一部を大広間にして、ヨガ教室を開かれる方に貸し出しされるそうです。

床は、杉床すぎもく30mm厚 Fグレードを施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fグレードは、節あり化粧材赤身部分のみを使用した、杉無垢フローリングです。

そして、人と木に優しい中温乾燥木材です。

 

 

 

 

 

 

足触りの良さに施主様も大変満足されておりました(^-^)