おぎもくブログ

カテゴリー: フローリング

杉床すぎもく 経年変化

施工後1年が経過した、杉床すぎもくです。

 

 

 

 

杉床すぎもく39mm厚 Fグレード(節あり赤身化粧材)

(浮づくり加工 オスモ塗装)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中温乾燥材養生期間もしっかりと取っている為、実(さね)の開きもありません。

 

 

 

浮づくり加工で、傷も目立たず無垢材の良さが出ています。

 

浮づくり加工

 

 

 

杉床すぎもく浮づくり加工をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

浮づくり加工とは、板の表面をブラシで削り木材の固い部分を浮き上がらせる加工方法です。

浮づくり加工で表面に凹凸ができることにより、足触りが大変良くなり

傷が付いても目立ちにくくなります。

 

 

 

 

 

 

 

こちらが、浮づくり加工前

 

 

 

 

 

 

 

こちらが浮づくり加工後

 

 

 

 

 

 

 

写真だとわかりづらいですが、触ってみると違いがすぐにわかります。

 

浮づくり加工により足触りが良くなり、快適な生活を送れるとの声を多く頂き

大人気商品になっています。

 

 

 

エンドマッチ加工

 

 

杉床すぎもくエンドマッチ加工をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンドマッチ加工とは、フローリングを縦の方向に繋いで施工できるようにした加工です。

 

 

 

 

 

 

 

 

エンドマッチ加工することにより、作業効率が格段に上がり正確に施工できます。

 

 

 

 

 

 

 

リフォームの現場や4mの長さだと取り回しの難しい現場でも

エンドマッチ加工品だと、スムーズかつ正確に施工できるので、大人気の商品です(^-^)

 

 

 

 

床と天井に 杉床すぎもく

 

 

舞鶴市のNODA工務店様の現場です。

 

 

杉床すぎもく15mm厚 Sグレード(節あり1等材)を屋根の化粧野地に使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階の床には、杉床すぎもく39mm厚 Mグレード(節あり 源平化粧材)を施工されます。

 

 

 

 

 

 

 

仕上がりが楽しみですね(^-^)

 

 

 

お寺の床に 杉床すぎもくを使用されました

 

 

丹波市の酒井工務店様のお寺本堂の床改修現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく39mm厚 無節グレード(浮づくり加工)を施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住職様が杉の温かさ浮づくり仕上げ踏み心地の良さを気に入って頂けました。

 

 

 

最近では、お寺の位牌堂にも 杉床すぎもくを施工された現場もあり

一般住宅以外にも多くの場所で使用されるようになりました(^-^)

 

 

 

 

 

無垢材は、建材のように施工時が一番良いとは限らず

時間とともに馴染んでいく味わいが良いですね。

 

 

杉床すぎもく施工中

 

 

 

お陰様で、9月10月と、杉床すぎもく15mm、30mm、39mm厚

使用して頂く現場が続いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日は、杉床すぎもく30mm厚 Fグレード(浮づくり加工)を納材しました。

 

 

 

 

 

 

 

Fグレードは、赤身節あり化粧材になります。

浮づくり加工をすることで、足触りがとても良くなり、もし傷が付いても

傷が目立ちにくいと大好評です(^-^)

 

 

 

 

杉床すぎもくは、丸太の選別からこだわり、兵庫県産木材を使用した杉無垢フローリングです。

 

 

 

もちろん全て、木材に優しい中温乾燥木材です。

 

 

杉床すぎもく納品しました

 

 

弊社こだわりの中温乾燥木材の 杉構造材を使用された現場です。

 

 

 

 

 

中温乾燥ならではの、柔らかい色合いです(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく15mm厚 Fグレードエンドマッチ加工)を納品させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は、エンドマッチ加工品が大人気です。

 

 

 

古民家改修 完成しました

 

 

丹波篠山市の畠井工務店様の現場です。

 

 

古民家改修が完成しました!!

 

 

 

 

床は、杉床すぎもく30mm厚 Mグレードを使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梁を綺麗に磨いて古色色に塗装され、勾配天井は、杉板 合いじゃくり加工を使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、関西テレビの よ~いドン!「あいLOVE田舎暮らし」で紹介されました(^-^)

 

 

リノベーション

 

 

 

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様のリノベーションの現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前はサイディングだった外壁を、杉床すぎもくに全面張り替えられました。

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく15mm厚 小節グレードを塗装されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和風の焼杉板とは違い、洋風の趣があります(^-^)

 

 

杉床すぎもく 大人気です!!

 

 

 

 

杉無垢フローリングの 杉床すぎもくに多くの受注を頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では、エンドマッチ加工が一番人気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

兵庫県産木材の中から厳選した丸太を選び、木材に優しい中温乾燥でじっくりと乾燥し

養生期間を1か月以上取ることで、木の本来の成分を残したフローリングが出来上がります(^-^)