おぎもくブログ

カテゴリー: フローリング

杉床すぎもく施工されました

 

福井県の今井建築様の現場です。

杉床すぎもく 30mm厚Mグレードを施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

無垢材をふんだんに使用されていて、完成が楽しみです(^-^)

 

杉床すぎもく グレード別紹介

 

杉床すぎもくは、中温乾燥のこだわりの杉の無垢フローリング

グレード別の紹介です。

 

 

 

 

 

上小(じょうこ)グレード

上小グレードは、無節もしくは、わずかな大きさの節があるフローリングになります。

実際は、無節材が多く入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小節グレード

小節グレードは、上小グレードよりやや大きな節が入っているフローリングになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fグレード

Fグレードは、節有の化粧材で

その中で心材のみ(赤身)のフローリングになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mグレード

Mグレードは、節有の化粧材で

辺材と心材のある源平になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮作り(うづくり)加工

浮作り加工は、フローリングの表面を削り

冬目を浮き上がらせる加工です。(すべてのグレードに対応できます)

表面を凸凹にすることにより、足触りがとても良くなります。

また傷も目立ちにくくなり、味わい深くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚みは、39mm30mm15mmの3種類です。

 

 

 

 

 

 

施工中です

 

先日上棟されたS様邸。

早速、杉床すぎもくを施工されています。

 

 

 

 

杉床すぎもく30mm厚 Mグレード

 

 

 

 

 

杉の無垢材に囲まれた趣味の部屋は

癒しの空間になると思います。

 

 

完成しました!!

 

丹波市のH様邸完成しました!!

1階も2階も 杉床すぎもく30mm厚を使用されています。

 

 

 

 

杉床すぎもく30mm厚 Mグレード

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく30mm厚 Fグレード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、全て浮作り加工仕上げです。

足触りや歩行感が抜群に良くて、部屋を暖められたら

床暖房をしているように感じると、施主様も大満足されていました(^-^)

 

 

 

 

 

天井は、30mm厚の二重貼りです。

こちらも、浮作り加工仕上げで、良い感じに仕上がっています。

 

 

桧 フローリング

 

 

桧のフローリングを施工されています。

 

 

 

 

 

 

製材・乾燥・加工 全て弊社で仕上げ

15mm厚の無節上小グレードです。

 

 

 

 

 

桧のフローリングは、製材で ほとんど取れないので

在庫のある時しか販売できませんが

杉床すぎもくとは、また違った魅力がありますね。

 

 

 

 

杉床すぎもく 乾燥機入れ

 

 

製材した杉床すぎもくの原板を木材人工乾燥機に入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木材人工乾燥機

 

 

 

 

 

 

 

中温乾燥約2週間じっくりと乾燥します。

高温乾燥だとかなりの短時間で乾燥でき、製造コストも下がりますが

木材が本来持っている成分が無くなってしまうので

全て中温乾燥にしています。

 

 

 

 

 

 

成分が抜けてしまうと、木の香りもしなくなり、色も変わり

カビも発生しやすくなるので製材している者から見れば

木では無くなっている気がします。

 

 

 

 

現しの天井板

 

西脇市の山田工務店様の現場です。

杉床すぎもく天井板として使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく15mm厚 上小グレード

浮作り加工なので、木目が一層際立って

良い感じに仕上がっています(^-^)

 

杉床すぎもく 丸太選び

 

 

杉床すぎもくの 杉丸太は原木市場で仕入れます。

 

 

 

 

 

樹種、長さ、径、等級等で並べられています。

 

 

 

 

 

 

 

全て同じような丸太に見えますが、木のクセ節の状態、など

同じ杉丸太でもかなり違ってきます。

その為、杉床すぎもく用の丸太は、1山あるかないかです。

 

 

 

 

 

 

 

購入は、競り方式です。

競りが始まる前に丸太のチェックをしますが、1番高い価格を出さないと

競り落とせないので、真剣勝負です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回無事に競り落とせました。

丸太の色、表面の状態、径の大きさ、年輪の状態、曲がり・クセの状態

などチェックします。

 


 

杉床すぎもく経年変化

 

 

(株)おぎもく内の和久湧久工房(わくわくこうぼう)で

杉床すぎもくを張っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

平成22年1月からなので、約9年の月日が経過しています。

 

またこのように、フローリングを壁には当てていないので

家に施工するより、実(さね)に隙間が空きやすい環境になっています。

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく 上小グレード

 

 

 

 

 

杉床すぎもく Fグレード

 

 

 

9年経過しても、ほとんど反り等は見られません。

 

丸太の選別、生産工程、中温乾燥、養生、加工技術等

にこだわりを持って、杉床すぎもくを生産しています。

 

 

杉床すぎもくを保育園に納材しました

 

加古川市の(株)田代工務店様の現場です。

 

 

 

 

 

 

 

第2かくりん保育園様邸に、杉床すぎもく 15mm厚(上小グレード)

を納材させていただきました。

 

 

 

 

 

杉床すぎもくを気に入って頂き、保育園も今回で3件目になります。

 

 

 

 

 

杉床すぎもくを施工された施主様からは、「風邪をひかなくなった」「不眠症が治った」

等多くの声を聞かせて頂いています(^-^)