おぎもくブログ

カテゴリー: フローリング

リフォーム完成しました

 

西脇市の藤井大工様のリフォーム現場が完成しました。

離れの土間を、リビングダイニングと浴室にされています。

 

 

 

 

 

 

玄関ホール。

 

杉床すぎもく30mm厚 Fグレード 浮づくり仕上げ

(自然塗料 オスモフロアークリアつや消し塗装)

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングダイニング

 

杉床すぎもく39mm厚 Fグレード 浮づくり仕上げ
(自然塗料 オスモフロアークリアつや消し塗装)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮づくり仕上げとは、木目の凸凹を浮き上がらせる加工です。

 

 

 

 

 

 

浮づくり加工により、足触り歩行感が良くなります。

そして、傷が付いても目立ちにくくなります(^-^)

 

 

 

 

 

杉床すぎもくは、すべて木にやさしい中温乾燥材なので、

木の香り・無垢材の温かさなど、杉の効能を感じて頂けることを

楽しみにしています(^-^)

 

 

 

 

 

 

リフォーム完成しました

 

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様のリフォームが完成しました。

 

 

 

以前あった二階を吹き抜けにされ、広々とした空間になり

日差しが立ち込め温かさと穏やかさが交差しています。

 

 

 

 

梁は、中温乾燥木材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓枠建具枠は、すべて杉材を使用されています。

もちろん、すべて中温乾燥木材です(^-^)

 

 

 

 

 

床は、杉床すぎもく15mm厚 上小グレードです。

 

増築中です

 

 

 

丹波篠山市のまさみ工務店様の現場です。

喫茶店の増築工事中です。

 

 

 

 

杉床すぎもく15mm厚 Fグレードを塗装して

外壁に使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

既存の外壁も杉材の15mm厚の本実加工製品が使用されています。

 

 

 

増築されました

 

丹波市の谷川建築様の現場です。

 

春日町のキャリー焼き菓子店様の増築です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床と屋根に 杉床すぎもくを使用されています。

杉床すぎもく30mm厚 Mグレード

 

 

 

 

 

梁の塗装は、施主様がされ良い雰囲気に仕上がっています(^-^)

 

 

杉床 すぎもくパンフレットが完成しました

 

杉床 すぎもくのパンフレットが完成しました(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

杉床 すぎもくは、丸太の選別から製材・乾燥・加工までこだわりぬいた

人と木に優しい 杉無垢フローリングです(^-^)

 

 

 

 

杉床すぎもく 製材中

杉床すぎもくを製材しています。

 

 

 

兵庫県産木材を木材市場で競りで仕入れますが、仕入れ後は更に

丸太を再選別して、製材します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製材機で職人が丸太のクセを見極めながら製材します。

丸太も人間と一緒で同じものが一本もないので、職人の腕の見せ所ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

製材した原板を使用目的ごとに桟積みします。

 

使用目的により、原板サイズが同じでも後の工程が変わってくるので

選別も職人の目で判断します。

 

選別は20種類以上あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

この後は中温乾燥でじっくりと乾燥し、乾燥後は屋内で1か月以上養生

節の補修後、いよいよ加工に入ります。

 

加工時には、更に職人の目により、等級の再選別をします。

 

 

 

 

杉床すぎもく 施工中

 

 

西脇市の藤井大工様の現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく39mm厚 Fグレード(浮づくり加工)を施工されています。

(Fグレードは、節あり赤身化粧材

 

 

 

離れの土間リビングダイニングに改修中です。

 

 

 

 

 

 

 

天井が低く、床組の高さが取れないこともあり、根太レスで厚床の39mm

を薦めていただきました。

 

断熱効果も大きく、浮づくり加工により足触りも良く、もし傷ができても目立ちにくくなります(^-^)

 

 

杉床すぎもく 納材しました

 

 

南丹市の(株)木工舎様の現場です。

 

杉床すぎもく 39mm厚 Fグレード(浮づくり加工)を納材させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

39mm厚は、見た目も迫力があります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井には、杉床すぎもく 30mm厚を使用されています。

 

 

 

 

 

 

梁も施主様が磨かれ、綺麗に塗装もされていました(^-^)

 

 

 

 

杉床すぎもく 経年変化(10年経過)

 

 

(株)おぎもく 和久湧久工房(わくわくこうぼう)内に展示中の

杉床すぎもくが施工後10年の歳月を迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

平成22年1月から丁度10年経過しました。

 

 

 

 

 

 

10年経過しても、反り等がほとんど生じていないのが分かると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

エンドマッチ加工もほとんど変化が見られません。

 

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもくは、厳選された丸太で職人の厳しい眼で1枚1枚生産しています。

 

 

 

 

 

そして、木材本来の性質を生かす中温乾燥により

施工後10年経過しても、ほとんど反り等生じない、杉無垢フローリングです。

 

 

 

 

最近は、杉本来の性質をより生かせる39mm厚フローリングが、人気急上昇中です(^-^)

 

 

まもなく完成です

 

 

丹波篠山市の小林建築様のO様邸 間もなく完成です。

 

 

 

 

 

 

床は 杉床すぎもく39mm厚 Fグレード浮づくり加工)オスモ塗装

 

 

 

 

 

弊社オリジナルの押し入れ中段セット

 

 

 

 

玄関ポーチは、ホワイト色に塗装されています。

 

 

 

 

 

無垢材に囲まれた家になっています(^-^)