おぎもくブログ

カテゴリー: リフォーム

リフォーム改修現場

 

 

 

既存の天井材を取り払い、新たに杉の12mm厚の羽目板を勾配天井にして

施工されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では、構造材はプレカットになり梁丸太を使用されることは、ほとんどなくなりましたが

以前は、小屋梁は丸太の梁が多く使用されていました。

 

 

 

 

 

 

梁を化粧現しにして、杉の羽目板を施工するのは大変な作業ですが

さすが大工さんの匠の技です!!

 

 

 

リフォーム完成しました

丹波篠山市の株式会社中井工務店様の大規模リフォームが完成しました。

一階の床には、前面に杉床 すぎもくを使用していただきました。

 

 

 

杉 39mm厚フローリング

 

 

増築現場に、杉床 すぎもく39mm厚浮づくり仕上げ

倉の床改修に、杉床 すぎもく39mm厚プレナー仕上げを使用されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

39mm厚は、見た目も迫力があります!!

 

 

 

 

 

杉の厚床は、調湿作用足触りが別格です(^-^)

 

 

 

 

杉窓枠材

 

 

リフォームの現場に、杉の窓枠材建具枠材を使用されました。

すべて中温乾燥で丁寧に乾燥しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鴨居と壁の見切りには、、杉L型ケーシングがおさめられています。

 

 

 

工事完了です

 

丹波篠山市の小林建築様のバリアフリー工事完了しました。

 

 

 

 

杉床 すぎもく30mm厚 Mグレードを使用されています。

完成しました

 

丹波市の西山住建様の現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洋間の改修の後、ダイニングの床も杉床すぎもく浮づくり加工仕上げを施工されました。

 

 

 

 

 

 

杉床 すぎもく30mm厚 上小グレード(浮づくり加工)

 

 

 

 

 

 

 

 

足触りがとても良く、暖かい床で満足していただきました(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羽目板窓枠浮づくり加工です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リフォームの階段板

 

 

丹波篠山市の畠井工務店様のリフォーム現場の階段板

杉無垢材を使用されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40mm厚仕上げ踏み板で、浮づくり仕上げです。

 

 

 

 

 

 

 

 

フローリングも浮づくり加工杉床 すぎもくを使用されます(^-^)

 

 

杉床すぎもく施工されました

丹波市の杉上工務店様が、リフォームに杉床すぎもくを採用されました。

 

 

 

 

杉床すぎもく30mm厚 Fグレード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白壁とすぎもくの赤身がマッチして、レトロモダンな雰囲気を醸し出しています(^-^)

 

 

古民家大改修

 

 

篠山市の古民家大改修の現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

補強梁240mm300mm幅の梁を使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉の梁は全て中温乾燥木材です。

 

 

 

 

 

屋根裏には、杉板を張られる予定です(^-^)

 

 

リフォーム始まりました

 

篠山市の小林建築様の現場です。

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく39mm厚 (Fグレード、浮造り加工)

を施工されます。

 

 

 

 

 

39mm厚だと根太レスで使用でき、歩行感も良く、断熱効果も高いですね(^-^)