おぎもくブログ

カテゴリー: リフォーム

リノベーション現場

 

 

丹波市の酒井工務店様のリノベーション現場です。

 

 

 

 

古民家の倉を住居にされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母屋から渡り廊下を改修して、倉の内部につながります。

渡り廊下に、桧 厚み30mm、巾120mmの上小材を施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内部も 杉床すぎもくを施工される予定です。

 

リフォーム現場

 

 

丹波市のリフォーム現場です。

弊社オリジナルヒット商品の 杉押入れ中段セット枕棚セットを施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

押入れ中段セット・枕棚セットは、前框・後框・根太・棚板・雑巾摺のセットで

全て加工済なので、組むだけで完成し施工の手間が大幅に短縮されるので

大人気商品になっています。

 

 

目隠し板塀

 

福崎町の古民家改修現場です。

 

 

 

外部の目隠し板塀が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4m×30mm×90mm中温乾燥木材を使用されました。

 

 

 

古民家には、板塀が良いですね(^-^)

古民家リノベーション現場に杉床すぎもく

 

 

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様の古民家リノベーション現場です。

 

 

LDKや寝室に杉床すぎもく15mm厚 Mグレード(エンドマッチ加工)

を施工されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンドマッチ加工は、施工性が抜群に良く大工さんにも大好評です(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リノベーション現場

 

 

リノベーションの現場です。

天井を取り払い、間取りの変更をされ、柱を抜く場合に補強の梁を入れられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は桧の4m×105mm×240mmの梁を入れられました。

もちろん、中温乾燥木材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成が楽しみですね(^-^)

 

杉無垢材の窓枠・建具を納材しました

 

 

リノベーションの現場に、杉の窓枠・建具材を納材しました。

丸太の仕入れから製材・乾燥・加工と全て弊社でしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉の無垢材で、全て中温乾燥木材です。

使用箇所ごとに梱包して、現場の手間を少しでも減らせるようにしています。

 

 

 

乾燥後の養生期間もしっかりと取っているので、施工もスムーズで

施工後の反りもほとんど発生しません。

 

 

 

また、様々なサイズにも対応できる人気商品です(^-^)

 

 

古民家大改修の現場に杉床すぎもくを施工されました

 

福崎町の古民家大改修の現場です。

和室四つ間取りの部分が完成しました。

 

 

 

畳も入り、以前使用されていた建具も使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく 30mm厚 小節グレード(浮づくり仕上げ)になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

浮づくり仕上げにより、足触りも心地良いです(^-^)

 

 

古民家改修現場

 

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様の古民家改修現場です。

 

 

 

天井を外し、小屋組みの梁丸太を現しにして、古民家の風情を活かされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉の節あり化粧材の羽目板を施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床は、杉床すぎもくを施工されます。

どのように仕上がるか楽しみですね(^-^)

 

古民家改修に 杉床すぎもくを。

丹波市の酒井工務店様の古民家の離れの改修現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

離れの一部を大広間にして、ヨガ教室を開かれる方に貸し出しされるそうです。

床は、杉床すぎもく30mm厚 Fグレードを施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fグレードは、節あり化粧材赤身部分のみを使用した、杉無垢フローリングです。

そして、人と木に優しい中温乾燥木材です。

 

 

 

 

 

 

足触りの良さに施主様も大変満足されておりました(^-^)

 

 

卓球室に杉床すぎもくを施工されました

 

 

西脇市の藤井大工様の現場です。

倉庫の一部を改修して、卓球室を造られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大工さんから相談を受け、床材に杉床すぎもく 30mm厚(Mグレード)

採用されました。

 

オスモフロアークリアを塗布されています。

 

 

 

 

 

 

 

施主様は80代の卓球をされている方で、仕上がりに喜んでおられました(^-^)

 

 

 

 

 

 

実は、自分も部屋の床に杉床すぎもくを施工して、卓球室を造りましたが

それで、全国大会決勝まで勝ち進んだので、杉床すぎもくの効果ありですね(^-^)