おぎもくブログ

カテゴリー: 上棟

上棟されました!!

 

丹波市の田野工務店様が11月3日(木)に上棟されました!!

構造材は、米松で 柱はを使用しています。

構造材・柱は、すべて無垢材を使用しています

上棟されました。

 

上棟が続きます

丹波市田野住宅様が10月23日(日)に上棟されました!!

構造材は、米松で、柱は、です。

構造材は、米松、杉、桧をよく使用しますが、色合いなど樹種によって
いろいろ特徴があります。

米松は、名前の通り、北米大陸の木で日本では、トガサワラに相当します。

赤味の色が特徴的で、比較的素直な木材ですね

上棟されました。

 

丹波市工務店様が10月17日(月)に上棟されました!!

構造材は、米松です。
そして、加工は手刻みされています。

最近では、プレカットでの機械加工が多いですが
伝統的な技術の手刻みもまだまだ健在です!!

梁は、地松タイコ梁を使用しています。

自然の曲がりを利用した梁で、つい10年程前までは、多く使われていましたが
最近では、適度な曲がりの丸太が減ってきていることもあり
地松のタイコ梁を使用した家も減ってきていますね。

木材市場でも地松の出荷量が減ってきているので
良い曲がりの丸太は、かなり競りあがります

上棟されました。

 

篠山市の株式会社 中井工務店様が10月19日(水)に上棟されました。

すべて国産材長期優良住宅です。
メインは、桧 無垢中温乾燥木材です。

桧の長尺物の良材の丸太が少なく、丸太探しに苦労しましたが
無事、良いものが揃いました

上棟されました!!

 
篠山市の 株式会社 中井工務店様が8月6日(土)に上棟されました。

長期優良住宅で、構造材は、杉 無垢材です。
中温乾燥ならではの色合いですね。

は、桧 無垢材です。
前回、書いたように2回仕上げをしています。


(株)おぎもくでは、すべての乾燥木材を中温乾燥にしています。




一番大きい理由は、「木材を痛めない」事です。



本来ならば、昔ながらの自然乾燥が良いのですが
120mm×240mmの材料を実際に倉庫内で自然乾燥させてみると
平行含水率まで落ち着くのに、約3年!!かかりました。

お堂

 

篠山市畠井工務店様がお堂を建てられています。

構造材は、桧 無垢 中温乾燥材を使用しています。

は、杉無垢 中温乾燥木材です。


以前は、構造材と言えば、米松が主流でしたが、最近では、杉 桧の割合が多くなっています

上棟されました!!

 
南丹市(株)木工舎(きこうしゃ)(旧木村工務店)が6月5日(日)に上棟されました。

すべて、京都府産材で、オール桧です。


ほとんどの丸太を、丹州木材市場で競り落としました。
丹州材なので、福知山、綾部、大江辺りの木材ですね

すべて、人と木材に優しい中温乾燥で仕上げています。

そのため、桧の香りがプンプン漂っています

上棟されました!!

 
篠山市園田工務店様が2月19日(土)に上棟されました!!

構造材は兵庫県産木材です。


もちろん(株)おぎもくでは、すべて中温乾燥木材です。
乾燥時間は、高温乾燥に比べ長くなりますが、木材の成分が抜けにくく
良い香りが漂っています

最も大きいサイズの梁。
なんと、6m×150mm×390mm!!
丸太の直径42cm以上のサイズで製材しています。
木材市場でも多くは出ていないサイズです。

上棟されました!!

丹波市氷上町の 田野住宅様が1月31日(月)上棟されました。


構造材は、長期優良住宅の家です。


中温乾燥材ならではの色合いですね

現場の大工さんが、「杉は柔らかいイメージがあるが、しっかりしているな
と言っておられました。

杉は、実は、強い木材です。
専門用語になりますが、杉は、「ヤング係数は低いが、基準強度は強い」んです。

分かりやすく言うと、たわみやすいが折れにくい木材です。

上棟されました!!

 
篠山市の株式会社 中井工務店様が1月11日(火)に上棟されました。




長期優良住宅の家で、構造材は米松です。


2月構造見学会3月完成見学会が開催される予定です