おぎもくブログ

カテゴリー: 加工

加工材 出荷しました

 

 

(株)おぎもくの大ヒット商品、押し入れ中段・枕棚セットです。

 

 

全て加工してあり、組むだけなので

効率がとても良いと工務店様から大好評です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、杉床すぎもく中温乾燥材の加工板です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉板は、原板が4m×45mm厚×300mm幅 化粧材を

4面プレナー仕上げして、納材させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

このような、幅広の厚板材等も

枠材棚板材階段板材等 多様に対応できるように

中温乾燥の原板で在庫しています。

 

 

 

現しの天井板

 

西脇市の山田工務店様の現場です。

杉床すぎもく天井板として使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく15mm厚 上小グレード

浮作り加工なので、木目が一層際立って

良い感じに仕上がっています(^-^)

 

破風板

 

 

お寺の屋根に使用して頂く、破風板(はふいた)です。

杉で長さ7m末口300mm幅のタイコ挽き。

 

 

 

 

1本の丸太より、二組対として製材された破風板です。

乾燥後、荒挽きで65mm厚の材を対面プレナー仕上げ

55mm厚に加工しました。

 

 

平柱の加工中

 

木造のテナントビルに使用される桧の平柱を加工しています。

 

 

 

 

 

 

 

加工前。

長さが4m~8mの背割り柱で、サイズを120mm×240mmに仕上げます。

 

 

 

 

 

 

加工中。

 

 

 

 

全て中温乾燥材で、節有化粧材です。

中温乾燥ならではの艶もあり、色合いも自然なままです(^-^)

 

 

 

桧 羽目板

 

桧の羽目板(はめいた)を施工されています。

 

 

 

 

 

 

 

本実(ほんざね)目透かし(めすかし)加工合じゃくり(あいじゃくり)加工

弊社で一貫して製材・加工しています。

 

 

今回は、内装壁の腰板塀の腰板に使用されました。

 

 

浮造り(うづくり)加工

 

杉床 すぎもくシリーズの浮造り加工製品の紹介です。

 

 

 

 

 

浮造り加工とは、フローリング表面の

年輪の夏目(柔らかい部分)を削り、冬目(固い部分)を浮かびあげる加工方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うづくり加工により、木目が浮かび上がり

凹凸により、肌触りも良くなります。

 

 

 

 

 

 

 

また、適度な滑りにくさがあるので、ペットを飼われている床にも最適です(^-^)

 

 

プレナー仕上げ

 

長さ8mの杉材を300mm角に4面仕上げしています。

 

 

 

加工前

 

 

 

 

 

 

サイズが大きいので、対面ごとに何度か仕上げをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的に長さ8m×300mm角に仕上げます。

 

 

 

 

 

 

杉 枠材

 

 

 

杉窓枠材です。

 

 

 

 

 

中温乾燥材で開口場所ごとに、寸法を確認して4面木づくり加工をし

場所ごとに梱包するので

材料の間違いがなくスムーズに作業が進みます(^-^)

 

 

 

 

エンドマッチ加工

 

 

桧のフローリング賃加工の注文がありました。

 

 

 

 

 

 

 

エンドマッチ加工にします。

エンドマッチ加工とは、フローリングの縦方向の加工

スムーズに施工できるようになります。

 

 

 

 

 

 

決められた長さに設定し、材料を投入します。

 

 

 

 

 

 

端の部分を 雄実と雌実に加工します。

 

 

 

 

 

無垢の窓枠材

 

窓枠材建具枠等に杉無垢材を使用される現場が増えています。

 

 

 

 

 

 

 

(株)おぎもくでは、開口場所ごとにきっちりと寸法を確認して

4面木づくり加工をして、現場に納材しています。

 

 

 

 

 

場所ごとに梱包していますので、使用される時も

寸法や枚数などの間違いが起こりません。

 

材料は、もちろんこだわりの中温乾燥木材です。

 

余分な端材が出ることもなく、作業効率も大幅に上昇したと

好評を得ています(^-^)