おぎもくブログ

カテゴリー: 加工

浮造り(うづくり)加工

 

杉床 すぎもくシリーズの浮造り加工製品の紹介です。

 

 

 

 

 

浮造り加工とは、フローリング表面の

年輪の夏目(柔らかい部分)を削り、冬目(固い部分)を浮かびあげる加工方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うづくり加工により、木目が浮かび上がり

凹凸により、肌触りも良くなります。

 

 

 

 

 

 

 

また、適度な滑りにくさがあるので、ペットを飼われている床にも最適です(^-^)

 

 

プレナー仕上げ

 

長さ8mの杉材を300mm角に4面仕上げしています。

 

 

 

加工前

 

 

 

 

 

 

サイズが大きいので、対面ごとに何度か仕上げをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的に長さ8m×300mm角に仕上げます。

 

 

 

 

 

 

杉 枠材

 

 

 

杉窓枠材です。

 

 

 

 

 

中温乾燥材で開口場所ごとに、寸法を確認して4面木づくり加工をし

場所ごとに梱包するので

材料の間違いがなくスムーズに作業が進みます(^-^)

 

 

 

 

エンドマッチ加工

 

 

桧のフローリング賃加工の注文がありました。

 

 

 

 

 

 

 

エンドマッチ加工にします。

エンドマッチ加工とは、フローリングの縦方向の加工

スムーズに施工できるようになります。

 

 

 

 

 

 

決められた長さに設定し、材料を投入します。

 

 

 

 

 

 

端の部分を 雄実と雌実に加工します。

 

 

 

 

 

無垢の窓枠材

 

窓枠材建具枠等に杉無垢材を使用される現場が増えています。

 

 

 

 

 

 

 

(株)おぎもくでは、開口場所ごとにきっちりと寸法を確認して

4面木づくり加工をして、現場に納材しています。

 

 

 

 

 

場所ごとに梱包していますので、使用される時も

寸法や枚数などの間違いが起こりません。

 

材料は、もちろんこだわりの中温乾燥木材です。

 

余分な端材が出ることもなく、作業効率も大幅に上昇したと

好評を得ています(^-^)

 

 

 

 

構造材の仕上げ

 

杉構造材中温乾燥後1か月以上養生したのち仕上げに入ります。

 

 

 

こちらが乾燥、養生後の杉の構造材。

 

 

色がくすんで、ぼやけたようになっています。

 

 

 

 

 

 

これから、プレナーと言う機械で仕上げ作業に入り、四面木づくりをします。

 

 

 

 

 

仕上げ後。艶が出て綺麗な色合いになっていますね。

 

中温乾燥の特徴である、辺材と心材の色の違いもはっきりしています。

 

 

 

この後はプレカットに持っていき、継手、仕口の加工をします。

 

 

 

 

古民家改修

 

古民家の改修現場です。

 

玄関の天井やリビングに、杉羽目板(上小グレード)を使用して頂き

トイレの天井や壁には、杉 赤身節有 あいじゃくり目透かし加工の板を

使用して頂きました。

 

 

 

 

杉 羽目板 上小グレード

 

 

 

 

 

 

杉 赤身節有材 (あいじゃくり 目透かし加工)

 

 

 

無垢材の良さをふんだんに活かされています。

 

 

加工中

 

京都府京丹波町の建照工務店様が加工をされてます。

 

 

 

 

構造材は、です。

大黒柱も、後日納入予定です。

すぎもく加工中

 

杉床 すぎもく39の加工の様子です。

 

製材後、中温乾燥でじっくりと乾燥し、1か月以上養生した

原板を加工しています。

 

 

最近は、39mm厚を使用して頂く現場が大幅に増えて、有難いことです。

 

加工時も、ただ機械に投入するだけではなく、木の向きやクセなど1枚1枚確認し

加工後の製品も、品質管理責任者が、更に等級別に選別していきます。

 

 

 

 

 

杉 廻り縁加工

 

 

(株)おぎもく オリジナル規格品 杉 廻り縁を加工しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

無節材で、綺麗な色をしていますラッキー