おぎもくブログ

カテゴリー: 原木

山崎木材市場 初市

山崎木材市場の初市がありました。
初市だけあって、普段より大量の材が出ています。



買い方も普段より多く来ていました。

お正月相場もあり、丸太価格が上昇しています。
こうなると、難しいのが競り落とす価格。
丸太の品質と価格を吟味しながら競り落とします

山崎木材市場 特別市

11月6日(金)に山崎木材市場で「木場移転満39周年記念特市」が開催されました。

特別市だけあって、普段は市場に出てこない特別な丸太が出てきます。
例えば、このモミの木


直径が、84cmもあります!!
直径50cmくらいのサイズは、比較的多いですが70cmを超えるものは少ないです。

こちらは、桧。

直径が54cmです。このサイズもなかなかありませんが
すごいのは長さ。
8m以上あります。(正確な長さを見てませんでした)
ムニョムニョ
杉ならばそう珍しくないサイズですが、桧ではまず見かけません。
天気もよく、11月なのにTシャツでも大丈夫な一日でした。

県産材振興特市

原木市場の特市が続きます。
9月7日(月)兵庫県宍粟市の 株式会社 山崎木材市場
県産材振興特市がありました。



大雨の影響で少ないかなと思ってましたが、非常に多くの原木が出ています。



せり風景。

この日は大変暑く、33℃くらいありました。
市場は日影があまりないので、大変です
たらーっ

創業記念特別市

京都府綾部市の 京都丹州木材市場で9月1日(火)
に創業記念特別市がありました


特別市と言うこともあり、普段の2倍以上の原木が入荷してます。

買い方も普段より多いです。

今回は、杉丸太を多く競り落としました。
こちらは、長さ4m、径42cmの杉丸太。
まっすぐで年輪が締まっています。


かなり良いものが取れそうです楽しい
こちらも、年輪の締まった良い丸太です。

木霊供養市

丹波市の 協同組合 丹波林産振興センターで木霊供養市がありました。
木霊供養法要


法要後、せり売りが始まります。
丸太の径、曲がり、色合い、節の近さなど確認します。
いつものことながら、真剣勝負!!です。


時期のせいもあり、出品原木はやや少量でした。

この中で、杉の丸太をせり落としました!!


年輪の締まったきれいな色の丸太なので
上質の内装材が取れそうです
楽しい
この後、製材に入ります。

兵庫県産素材特別市

朝来市の和田山木材市場で、臨時特別市がありました。
いつもの市に比べ、原木の量が大変多く圧巻!!でした。
これほどの量が出るのは、おそらく十数年ぶりでは!?

見渡す限りの原木!!


奥のほうでセリをしてますが・・・

せり落とせば、地デジテレビがもらえる山も!!!
残念ながら、ゲットならず・・・

丸太の皮

春の時期になると、丸太の皮が自然に取れていきます。
このように大きく取れる丸太も。

これは、木が暖かい時期になり活発に活動を始める為といわれています。
この時、多くの水分を吸い上げるため丸太は大量の水を含んでいます。
実は、この事が製材所にとって良くはありません。
大量の水分を含むことによって、丸太が傷みやすくなり虫も入ってきます。
乾燥時間も長くなってきます。
しかし、「木は生きている!!」と実感できる時期でもあります。

木材市場

木材市場の「春の特別市」が開催されています。
今回は、朝来市にある「和田山木材市場」に行ってきました。
多くの原木が並んでいます。


特別市だけあって、このように巨大な原木も出てました。

今回は、土台用の桧丸太を競り落としました。

このあと、競り落とした他の丸太と一緒にトラックで工場まで運びます。

7m原木入荷!!

構造材用の杉7mの原木が入荷しました!!

木材市場では、7m以上の長さはめったに出ない為
直接山で探した宍粟産の杉です。

とにかく長い。。。リフト操作も慎重にします。


まっすぐとした良い木です植物
木の素性も大変良いので、楽しみですね。

皮むきをして綺麗になりました拍手

このあと、製材に入ります。