おぎもくブログ

カテゴリー: 反らない木材

芯去り 桧タルキ・根太

 

 

 

タルキ・根太にする加工前のの板(乾燥材)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

芯去り材の桧の乾燥木材のタルキ・根太と聞けば

多くの人が反りがひどいイメージを持たれます。

 

 

 

 

 

実際に加工します。

 

 

 

 

 

反りもほとんど生じず、真っ直ぐになっています。

 

 

 

 

 

なぜ反るタルキ・根太と反らないのがあるのか。

 

 

 

 

一番大きい理由は、丸太の性格です。

 

 

 

 

 

木も人間と同じで、1本1本全て違います。

生えていた環境(場所・気候・土)でも大きく変わり、特に小さい製品にすればするほど

その差がはっきりします。

その為、丸太の仕入れ時に木のクセを読み取り、競り落とします。

製材時にも更に木のクセを読むことで、このように真っ直ぐな製品になります。

 

 

 

 

 

 

 

温泉のホール等内装の改修工事

 

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様の現場です。

K温泉別館のホール等内装の改修工事をされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井には桧の付梁・付垂木を施工されています。

弊社の桧・芯去り化粧垂木は、乾燥後の反りもほとんどなく

大好評の製品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、完成写真です。

芯去り化粧垂木は、3方小節上4面プレナー仕上げです。

 

 

 

 

増築現場

 

 

 

黒田庄町の岡本工務店様のM建設様、事務所増築現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は、材。

構造材米松です。

 

 

 

 

 

 

 

 

手刻みで加工され、現事務所と倉庫の間に建てられたので、難しい場所でしたが

順調に進んでいます。

 

 

 

 

杉の壁板

 

 

福知山市の油利工務店様の現場です。

杉の壁板を施工されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉の壁板は、赤身のみを選別した板で

1本の丸太から2枚くらいしか取れないので

多くの量は生産できないですが

隠れ人気商品です(^-^)

 

 

 

 

上棟されました

 

 

 

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様が上棟されました。

 

 

 

 

 

厳しい暑さの中、大工さんがテキパキと作業をされていました。

 

 

 

 

 

 

土台材。

横架材兵庫県産木材です。

 

そして、桧も杉も中温乾燥木材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登り垂木は、60mm×150mmで化粧現しになります。

もちろん、中温乾燥木材です。

 

 

 

 

 

 

リノベーション現場

 

 

丹波市の酒井工務店様のリノベーション現場です。

 

 

 

 

古民家の倉を住居にされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母屋から渡り廊下を改修して、倉の内部につながります。

渡り廊下に、桧 厚み30mm、巾120mmの上小材を施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内部も 杉床すぎもくを施工される予定です。

 

上棟されました

 

 

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様が上棟されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウッドショックの最中ですが、春からの準備で材量も用意できていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

構造材は、米松で、柱・土台材です。

 

 

 

 

 

大通りに面した場所で、材料の置き場所に苦労しましたが隣の家の北側より

レッカーで運んでいただきました。

 

 

 

 

 

誘導しながら、手際よく建て方も進められました。

杉床すぎもく 納材しました

 

 

 

伊丹市の田中住建株式会社様に、杉床すぎもく39mm厚(Fグレード)

納材させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

39mmの厚みは、迫力がありますね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fグレードは、節あり、赤身化粧材になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平屋新築の現場に使用されます(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

上棟されました

 

 

丹波市のたきもと様の増築現場です。

 

 

 

 

ウッドショックの最中ですが、材料も手配でき順調に進んでいます。

 

 

 

 

 

構造材米松

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は、材。

タルキ平割ハナ化粧材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桧のタルキは、芯去り材で乾燥もきちんとしてあるので、大きく反ることもなく

大好評です(^-^)

勾配天井とデッキの軒天に杉羽目板を施工されました

 

 

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様の現場です。

 

勾配天井デッキの軒天に、杉12mm厚の羽目板(上小グレード)を施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

梁や小屋束の間を勾配に施工するのは大変ですが

綺麗に仕上がり無垢材の良さが一段と映えますね(^-^)