おぎもくブログ

カテゴリー: 木づくり

土間の腰壁に杉の化粧板を施工されました

 

 

福崎町の古民家改修現場です。

玄関の腰壁の上小グレードの化粧板を浮づくり仕上げした材を施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮づくり仕上げにより、杢目が浮き上がっていい感じに仕上がっています。

 

 

 

長さ8mの構造材を加工します。

長さが8mの米松の構造材を、四面プレナーで仕上げ加工します。

 

 

 

仕上げ前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四面プレナーと言う機械で、乾燥により生じた曲がりを直材に木づくりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真では、分かりづらいですが加工により、直角が出て綺麗に仕上がっています。

 

 

 

 

 

 

今回は、長さが8mでしたが、14mの長さまで加工が可能です。

古民家改修に 杉床すぎもくを。

丹波市の酒井工務店様の古民家の離れの改修現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

離れの一部を大広間にして、ヨガ教室を開かれる方に貸し出しされるそうです。

床は、杉床すぎもく30mm厚 Fグレードを施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fグレードは、節あり化粧材赤身部分のみを使用した、杉無垢フローリングです。

そして、人と木に優しい中温乾燥木材です。

 

 

 

 

 

 

足触りの良さに施主様も大変満足されておりました(^-^)

 

 

上棟されました

 

 

丹波篠山市のハンドワークス様が上棟されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事前に施主様家族と設計士様に工場見学もして頂きました。

 

 

 

弊社の中温乾燥木材を気に入って頂き

柱材・横架材すべて杉の中温乾燥木材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下屋根には、60mm×150mmの杉材の登りタルキの上に

杉床すぎもくを化粧野地に使用されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

通気層を作り、二重屋根構造にされます。

施工が楽しみですね(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

杉構造材の加工

 

杉の構造材四面仕上げ中です。

 

中温乾燥して、養生期間を1か月以上取っています。

中温乾燥でじっくり乾燥することにより、木本来の成分を残せることが出来て

養生期間をしっかりと取ることにより、品質が安定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四面プレナーで加工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高温乾燥の木材に比べ、手間は少しかかりますが仕上がった製品は全く違います。

 

 

 

 

現場で施工する大工さんが違いを一番感じていて

中温乾燥材と高温乾燥材でこんなに違うとは思わなかったとよく言われます。

 

古民家改修工事が始まりました

 

 

 

丹波篠山市の岡田工務店様の古民家改修工事が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桧の柱と根継ぎ柱を納材させていただきました。

 

 

 

 

 

 

どのように仕上がっていくか楽しみですね(^-^)

 

杉 構造材の加工

 

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

杉 構造材の加工中です。

 

 

こちらは加工前。

中温乾燥でじっくりと乾燥し、乾燥後は1か月以上の養生期間を置いているので

木材も安定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレナーと言う機械で、四面仕上げをします。

削る部分を考え、材のセッティング位置を確認します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加工後の 杉構造材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中温乾燥で丁寧に乾燥しているので、辺材と心材(白い部分と赤い部分)がはっきりわかります。

そして中温乾燥により木材の本来の成分が残っているので、加工現場では杉の香りに溢れています。

 

 

 

上棟されました。

 

 

 

丹波篠山市の岡田工務店様が上棟されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

構造材・柱・土台はすべて中温乾燥木材で、兵庫県産木材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁は、最近見ることの少なくなった土壁にされます(^-^)

 

現しの天井板

 

西脇市の山田工務店様の現場です。

杉床すぎもく天井板として使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく15mm厚 上小グレード

浮作り加工なので、木目が一層際立って

良い感じに仕上がっています(^-^)

 

破風板

 

 

お寺の屋根に使用して頂く、破風板(はふいた)です。

杉で長さ7m末口300mm幅のタイコ挽き。

 

 

 

 

1本の丸太より、二組対として製材された破風板です。

乾燥後、荒挽きで65mm厚の材を対面プレナー仕上げ

55mm厚に加工しました。