おぎもくブログ

カテゴリー: 木材市場

紅葉特別市

丹波林産振興センターの特別市に行ってきました。

ケヤキや桧の大径木など、普段あまり見ないサイズの丸太が多く出品されていました。
このケヤキは、長さが5m、直径が90cmあります!!



今回は、階段板用の杉 丸太を多く競り落としました。
質の良い丸太が多く、良いものが取れそうです。

 

創業特別記念市

京都丹州木材市場の創業特別記念市に行ってきました。

京都丹州もくもくフェスタも兼ねていて、普段の競り以外にも
チェーンソーアートや出店などがあり、お祭りになっています。
競りの体験コーナーもあり、普段の何倍ものお客さんがいました。
出荷量も多く出ています。



多くの量が出ていることもあり、相場はやや落ち着きました。
 

特別記念市

山崎木材市場の創立満52周年特別記念市に行ってきました。
特別記念市と言うこともあり、普段の5倍以上の人がいました。


最も競り上がった 桧 丸太。
1本で700万円近くまで競り上がりました!!


相場は、全体的に高めです。
特に 杉の中目材が高止まりの状態です。
そんな中、気合いを入れて杉の中目材を競り落としました。

 

納涼特市

山崎木材市場納涼特市に行ってきました。

最近は、どこの市場も丸太の出品量が減っていますが、山崎木材市場も
少なめでした。
出品量が少ないせいもあり、相場は上昇しました。
お盆明けまでは、出品量が増えないような感じです。

 

やや上昇

丹波林産振興センターに行ってきました。

丸太の時期が良くないこともあり、やや少なめです。
杉の比率が高かったですが、杉は、価格がやや上昇しました。
最近は、直径30cm前後の 杉丸太の価格が上昇しています。
今回は、桧の柱用と杉の構造材用の丸太を仕入れました。

 

少し 落ち着きました

消費税増税後も杉 丸太価格が上昇したままでしたが
6月に入り、少し落ち着いてきました。


時期的には、虫が入ったり皮がむけたりと、丸太にとって良くないので
例年通りですが、質の良いものは 価格も下がっていません。
一日の気温差が大きい季節は、丸太の表面に割れが入りやすくなり
虫や水分などで傷みやすい時期なので、管理に気を使います。

 

丹波市にも このような木がありました

丹波林産振興センターに出品されていた 杉丸太です。

色も綺麗ですが、年輪が締まっていて素晴らしい木です!!
丹波市に このような木はあまり無いと思っていたのでびっくりしました。
そして、しばらくは同じような木が出品されるようなので楽しみです。

 

新緑特別市

丹波林産振興センターの新緑特別市に行ってきました。
多くの丸太が出ています。


最近、少し丸太価格が下がり始めたようですが 今回は 杉は特に高値安定でした。
今回は、フローリング用や階段踏み板用の杉丸太を多く競り落としました。

 

新土場での 初競り

山崎木材市場で、新土場になってからの 最初の競り市がありました。

段差を無くしたので、広々としています。

競りは、予想通り 杉の相場が高めでした。
半年ほど前に比べて、倍近く上昇した丸太もあります。
他の市場も、杉の価格は高めなので、この傾向は まだまだ続きそうです。

 

4月最初の市

山崎木材市場で、4月最初の競りがありました。
消費税が8%になり、競り値に注目でしたが。。。


杉の競り値が上昇しました・・・
桧も下がりはしませんでしたが、杉価格の上昇は大きく
サイズによっては 杉と桧の価格の逆転現象が起きています。
杉は、品質に関係なく全て上昇しています。