おぎもくブログ

カテゴリー: 無垢材

リノベーション

 

 

 

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様のリノベーションの現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前はサイディングだった外壁を、杉床すぎもくに全面張り替えられました。

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく15mm厚 小節グレードを塗装されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和風の焼杉板とは違い、洋風の趣があります(^-^)

 

 

無垢材の窓枠・建具枠

 

前回 杉床すぎもくの受注が増えていると書きましたが

窓枠建具枠も 杉無垢材を使用される現場が増えています。

 

 

 

 

 

工務店様のオリジナルのサイズにも対応しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別注サイズが多いですが、加工部の職人の技術でそれぞれのサイズに加工します。

製品は、もちろん木材に優しい中温乾燥木材です(^-^)

 

杉床すぎもく 大人気です!!

 

 

 

 

杉無垢フローリングの 杉床すぎもくに多くの受注を頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では、エンドマッチ加工が一番人気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

兵庫県産木材の中から厳選した丸太を選び、木材に優しい中温乾燥でじっくりと乾燥し

養生期間を1か月以上取ることで、木の本来の成分を残したフローリングが出来上がります(^-^)

 

別注品を製材しました

 

 

 

別注材の注文を製材しました。

 

 

 

 

 

 

 

約20種類のサイズがあり、大きいものから小さいものまで様々ですが

丸太を計算して、無駄の無いように製材しています(^-^)

浮づくり加工

 

 

多可町の山口工務店様のリフォーム現場です。

 

 

 

 

杉無垢材の羽目板を施工されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

木目を浮き上がらせる 浮づくり加工です。

浮づくり加工で、木材の表情がより良くなりますね(^-^)

 

 

工房部屋完成しました

 

 

 

 

丹波市の(有)津田木材店様のリフォーム現場が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陶芸をされている施主様のご要望で、自宅の一部を工房部屋に改修されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床は、杉床すぎもく30mm厚 小節グレードです。

陶芸品の飾り棚と杉床すぎもくが、和の佇まいを醸し出しています。

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもくは、和にも洋にも、良い赴きをを醸し出しますね(^-^)

 

 

上棟されました

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様の現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酷暑の中、手際よく進められていました。

 

 

 

 

 

 

 

構造材は、米松

材で、土台桧の赤身材です。

 

 

 

上棟されました

 

 

梅雨明けの晴天の中、丹波篠山市の(株)中井工務店様が上棟されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厳しい暑さの中、大工さんが段取り良く作業を進められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

構造材は、米松

は、材で土台桧の赤身材です。

 

 

 

 

 

 

上棟されました

 

 

梅雨の晴れ間の22日に、Hワーク様が無事に上棟を迎えられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅街の建前の為、レッカー無しでの棟上げになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

人力での持ち運びは大変そうですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

しかし、弊社の中温乾燥できっちりと仕上げた杉の横架材なので

持ち上げるのに助かりますとの言葉を頂きました(^-^)

 

 

 

 

 

通し柱は、材。

管柱、横架材、タルキまですべて材です。

 

 

フローリングも杉床すぎもくを施工される予定です。

 

 

杉床すぎもく アンケートを頂きました

 

 

杉床すぎもくを施工された施主様のアンケートを頂いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉 無垢材調湿効果・保温効果で冬は暖かいとの意見を頂いています。

 

 

杉は、柔らかいため堅い木材に比べると、傷が気になる事もあると思いますが

柔らかいと言うことは、衝撃を吸収するので歩行感はとても良くなります(^-^)

 

浮づくり仕上げにすると、更に歩行感が良くなり

傷が付いてもも目立ちにくくなるのでおススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮づくり仕上げ

表面を加工し、年輪を浮き上がらせる加工方法です。

足触りが良くなり、傷も目立ちにくくなります。