おぎもくブログ

カテゴリー: 自然素材の家

リノベーション

 

 

 

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様のリノベーションの現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前はサイディングだった外壁を、杉床すぎもくに全面張り替えられました。

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく15mm厚 小節グレードを塗装されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和風の焼杉板とは違い、洋風の趣があります(^-^)

 

 

無垢材の窓枠・建具枠

 

前回 杉床すぎもくの受注が増えていると書きましたが

窓枠建具枠も 杉無垢材を使用される現場が増えています。

 

 

 

 

 

工務店様のオリジナルのサイズにも対応しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別注サイズが多いですが、加工部の職人の技術でそれぞれのサイズに加工します。

製品は、もちろん木材に優しい中温乾燥木材です(^-^)

 

浮づくり加工

 

 

多可町の山口工務店様のリフォーム現場です。

 

 

 

 

杉無垢材の羽目板を施工されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

木目を浮き上がらせる 浮づくり加工です。

浮づくり加工で、木材の表情がより良くなりますね(^-^)

 

 

工房部屋完成しました

 

 

 

 

丹波市の(有)津田木材店様のリフォーム現場が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陶芸をされている施主様のご要望で、自宅の一部を工房部屋に改修されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床は、杉床すぎもく30mm厚 小節グレードです。

陶芸品の飾り棚と杉床すぎもくが、和の佇まいを醸し出しています。

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもくは、和にも洋にも、良い赴きをを醸し出しますね(^-^)

 

 

上棟されました

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様の現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酷暑の中、手際よく進められていました。

 

 

 

 

 

 

 

構造材は、米松

材で、土台桧の赤身材です。

 

 

 

上棟されました

 

 

梅雨明けの晴天の中、丹波篠山市の(株)中井工務店様が上棟されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厳しい暑さの中、大工さんが段取り良く作業を進められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

構造材は、米松

は、材で土台桧の赤身材です。

 

 

 

 

 

 

上棟されました

 

 

梅雨の晴れ間の22日に、Hワーク様が無事に上棟を迎えられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅街の建前の為、レッカー無しでの棟上げになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

人力での持ち運びは大変そうですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

しかし、弊社の中温乾燥できっちりと仕上げた杉の横架材なので

持ち上げるのに助かりますとの言葉を頂きました(^-^)

 

 

 

 

 

通し柱は、材。

管柱、横架材、タルキまですべて材です。

 

 

フローリングも杉床すぎもくを施工される予定です。

 

 

材料検査

 

 

 

弊社の杉平角、中温乾燥木材を気に入って頂き、

H設計様の物件で2件分をプレカット工場に搬入します。

 

 

 

 

 

プレカット工場へ搬入する前に、工務店様と一緒に材料検査に来られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、仕上げ前の杉 平角です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉 柱材・板材等もすべて中温乾燥木材です。

 

 

 

古民家改修現場

 

古民家大改修工事の現場です。

何十年と空き家になっていた古民家が木の香りが漂う温かな家に甦りつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングやホールの天井には、の節ありの赤身目透かし加工板を使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

完成が楽しみです(^-^)

 

 

 

 

ヨロイ張り

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様の現場です。

ハキダシや窓サッシの新設や取り換えに伴って、外壁も改修されました。

 

 

 

 

 

 

10mm×170mmに仕上げされた杉板を重ねながらヨロイ張りにされ

押え縁で留められています。

 

 

 

 

 

 

押え縁は、斜めに加工するので技術のいる作業になりますが

既存の外壁に合わせられています。