おぎもくブログ

カテゴリー: 製材

順調に製材中

 

 

長さ14mの杉材の製材が順調に進んでいます。

 

 

 

 

 

14m材の右側の手前にある5mの構造材が短く見えますね(;^ω^)

 

 

 

 

 

 

長さ6m以下の丸太と違い、鋸の抱き込みやコアの処理などが

重いこともあり、工夫が重要になってきますが

順調に作業が進んでいます。

 

 

 

 

長さ14mの丸太を製材

 

 

長さ14mの丸太をいよいよ製材します。

 

 

樹種は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、長い!!

台車の長さもギリギリなので、バランスを崩さないよう丁寧に乗せます。

 

 

 

 

 

 

木の向きやくせにも注意します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約50本製材します。

 

 

 

 

長さ14mの丸太!!

 

 

長さが14mもある杉の丸太が入りました!!

 

 

 

 

 

 

フォークリフトで降ろすのも一苦労。

前回製材した通し柱の2倍以上の長さ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、約半分の量。迫力がありますね!!

数日後に製材に入ります。

 

 

通し柱製材

 

通し柱の製材中です。

 

 

通し柱用の桧丸太。

長さは、6mです。

 

 

 

 

真っすぐなように見えて、微妙な曲りもあるので

木のくせを見極めて製材します。

 

 

 

 

 

この後は芯挽きを入れて、中温乾燥でじっくりと乾燥します。

 

 

 

6mの長さでも、長く感じますが

来週は、14m!!の長さの丸太の製材予定です。

 

 

 

 

 

楠(クスノキ)製材

 

楠(クスノキ)の製材をしています。

直径は約80cm。

 

 

 

 

 

お寺に生えていた木で、製材後は再びお寺のテーブルとして

使用されます。

 

 

 

 

 

 

楠は、強い独特のにおいがします。

 

そのにおいは、樟脳防虫剤のにおいそのままです(^_^)

 

 

 

大径木製材

 

米松の丸太を賃挽きしています。

 

 

 

 

 

 

直径は、約1m!!

 

 

 

 

 

これほど太い丸太は、なかなか見ることはないので

大迫力ですね!!

 

 

長尺材製材

 

構造材用の杉丸太を製材中です。

 

 

長さは、6mと7m。

 

 

杉は個体差が大きく、6~7mの長さになると木のクセも大きくなるので

丸太の見極めが大事になってきます。

 

 

製材後は、木材人工乾燥機で、中温にてじっくりと乾燥します。

特に構造材は、自然乾燥だと年単位の時間が必要になるので

乾燥方法が重要になります。

 

 

 

大径木 製材

 

8mの丸太の製材に引き続き、京都丹州木材市場で競り落とした

杉 4mの丸太も製材します。

 

 

 

 

 

 

長さ 4m 直径60cm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直径60cm以上の丸太は、天板用にすることが多いですね。

 

 

 

 

 

天板用に製材した後に、木材人工乾燥機に入れます。

 

幅の広いものほど、板の反りが大きくなるので、乾燥が重要になります。

その為、構造材と同じくらいの期間をかけ、中温乾燥

じっくりと乾燥します。

 

 

 

 

手間はかかりますが、しっかりと乾燥することにより

ほとんど反らない天板を作ることができますラッキー

 

 

 

長尺材の製材

 

 

長尺材の製材をしています。

 

 

 

 

 

杉丸太。

長さは、8.8m

 

 

 

 

 

 

 

直径は、52cmです。

 

 

 

 

 

 

 

長い丸太は、セッティングを間違えると

修正が出来なくなるので、最初が重要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗な構造材が出来ました。

この後、乾燥機に入れて、じっくりと中温乾燥します。

 

 

 

すぎもく 製材中

 

 

杉床 すぎもくの製材中です。

 

 

 

 

 

丸太の性格は、1本1本全て違うので、丸太の向きを見極め製材しています。

 

 

 

 

 

 

丸太を、板に製材するだけだと品質に大きな差が出るので

丸太の状態・クセなどにより、それぞれにふさわしい部材に製材します。

 

その種類は、20種類以上!!になります。

 

 

 

用途別に選別。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぎもく用の 原板。

 

 

 

 

 

 

ここから、乾燥・養生・加工の工程で、さらに選別していきます。