おぎもくブログ

カテゴリー: ブログ

秋の木木市

11月15(土)16(日) 10時より兵庫県立丹波年輪の里
恒例の「木木(もくもく)市」が開催されます
楽しい

製材工場に眠っている様々な木材・端材が出ています。
掘り出し物は、すぐに売れてしまうので早めの来場がおススメです
工具

大阪ウッドテクノロジーフェア2008

大阪ウッドテクノロジーフェア2008に行ってきました。

このイベントは、木質資源の有効利用や大学・企業の研究・開発の展示紹介です。

木で作ったオートバイや時計などの加工技術や大工道具の歴史展など、
新鮮な驚きの連続でした
びっくり
実は、当社のフローリングも少しだけ紹介されています。
またクリスマスが近い事もあり、ツリーもあちこちで点灯してましたツリー

完成見学会開催②

11月1日(土)、2日(日)の2日間、
篠山市の株式会社 中井工務店様の完成見学会が開催されました。


構造材は、米松(一部桧)です。
桧構造材をあらわしにしています。


こちらは、いろり。

床は、おぎもくこだわりの杉無垢フローリング。


囲炉裏、薪ストーブ、古材が無垢材と見事に調和していますラッキー

完成見学会開催

篠山市の株式会社 中井工務店様が11月1日(土)・2日(日)完成見学会を開催されます。

無垢材をふんだんに使用し、囲炉裏(いろり)、薪ストーブもあります。
詳しくは、中井工務店HPに載っています。

ぜひ、お気軽にお越し下さいニコニコ

完成見学会 その③

前回、こだわりの一品と書いた階段です。

側板のサイズは、5m×90mm×240mmですが、
裏面も節のないものを取るため、直径約50cmの丸太で製材しています。


また、踏み板も通常より分厚い45mm厚の杉板を使用しています。
こちらも、節なしです。どっしりとした安定感です
ニコニコ

写真では分かりませんが、無垢材使用の家は木の香りが、本当に心地良いですねおてんき
また、無垢材の家は月日が経つにつれ、色合いもだんだん馴染んできて
新築時とは違った趣きが出てきます。

完成見学会その②

10月26日(日)篠山市の富田工務店様の完成見学会がありました。
あいにくの小雨でしたが多くの方が来られました。


構造材は杉で内装材に無垢材をふんだんに使用しています。
柱は桧。床は杉39mm厚「無地上小(むじじょうこ)」
綺麗な仕上がりです
楽しい

こちらは、杉無垢材使用のテーブル。

今回、こだわりの一品が階段!!!
側板は、5m×90mm×240mmのサイズで4面ともほとんど節がありません!!!材料となる原木を見つけるのに苦労しましたが、素晴らしいものができました。


詳しくは、次回でモグモグ

完成見学会

篠山市の富田工務店様が10月26日(日)に完成見学会をされます。

こちらは、上棟時

構造材に杉を使用し、床は、おぎもくこだわりの杉無垢39mm厚フローリングです。
内装もふんだんに杉無垢材を使用しています。

木の心地よい香りがします家

ぜひ、お気軽にお越し下さい楽しい

木材の新常識

多くの人は、木材は反るものだと思っています。
確かに、乾燥による木の細胞の収縮等で反り・変形がおこります。
今までの常識は、「木材は反る」でした。
しかしきちんと乾燥・養生すれば、ほとんど反ることはありません。
ただ、なかには未乾燥材が乾燥材として出回っている場合もあり、
大工さんにも乾燥材も反ると認識されている方もおられると思います。
内装材に関しては、最低でも含水率12%以下まで一度乾燥させないと、
施工後に反ってくる可能性が非常に高くなります。
木材の新常識は、きちんと乾燥・養生すれば、「木材は反らない」です。

4年前の台風23号による床上浸水にも当社のフローリングは耐えましたひらめき

製材のおもしろさと難しさ

木材は、生き物なので1本1本すべて違います。
最初は難しさだけでしたが、十数年木材に触れ続けて
おもしろさも少しずつ分かってきました。
おぎもくでは、木のクセを読み、各部材に適正な製材をします。
部材の種類を数えて見ると、杉だけで30種類近くあります。
初めは、覚えるので精一杯でしたが、クセが読めるようになると
だんだん見えてくるようになりました。

 製材風景
しかし、製材は「一生勉強」と言われるように、これからも勉強・勉強です植物

法隆寺

法隆寺に行ってきました。
やはり、法隆寺と言えば五重塔。


真っ直ぐな垂木に感動!!

見事!!です。
木のクセを読んで丁寧に乾燥する、まさに匠の技。


一方、こちらは信楽。
こちらも、見事!!
びっくり