おぎもくブログ

カテゴリー: ブログ

乾燥終了

前回、乾燥機に入れた杉板の乾燥が終了しました。

中温乾燥の為、色も大きく変わっていません。
加工後も天然乾燥とあまり変わらない色合いになります

含水率を12%以下まで落としているので、木材の変形が起きています。

この後、約1ヶ月間倉庫で養生します。これが本当に本当に大事!!です。
養生期間が少ないと加工後に反り等が生じます。
乾燥により生じた変形も養生をきちんとして加工すれば
ほとんど狂いのない製品になります。

温故知新

温故知新とは
「昔のことをよく調べてそこから新しい知識や見解を得る」という意味です。
おぎもくでは、内装材を杉無垢乾燥材でつくっています。
以前の家は、ほとんどが大工さんの手刻みによりつくられていましたが
現在では、多くが新建材です。
理由としては、手刻みでは手間がかかることや反りなどのクレームを避けるためだと思われます。
しかし最近では、木目調の新建材も多く販売されています。
このように人は無意識に木材を求めるのでは?
との考え方から乾燥無垢材の内装材に取りかかりました。
そして、手間がかからず、反り等もほとんど起こらない内装材をつくることに成功しました。
内装材サンプルをまとめてみました。




内装材は、10年以上の実績があるので安心してご使用ください工具

パンフレット

おぎもくでは、パンフレットを作成しています。

住宅ローンやリフォームローンについて

JAS(日本農林規格)についての説明や木材の乾燥の重要性など。
乾燥木材という言葉でひとくくりにされていますが
乾燥方法と含水率により大きく違うことなど


また、内装材の施工写真等も載っています。


数に限りがありますので、興味のある方はメールにてお問い合わせ下さい。

ルミナリエ

神戸のルミナリエに行ってきました。

実際に見て見ると、圧倒されます。
光と音楽が幻想的で、神聖な気持ちになりました


人もすごかった・・・冷や汗

兵庫県産木材利用木造住宅特別融資制度

平成20年度下半期の特別融資制度が発表されています。

兵庫県産木材利用木造住宅特別融資制度とは
兵庫県内で兵庫県産木材を木材の総使用量のうち、60%以上使用で
最大2000万円の融資を受けられる制度です。
おそらく、現在日本で1番お得なローンでは!!

これまでは金利が2%固定でしたが、今回は半年間(10月1日~3月31日)
利率1.9%が適用されます

詳しくは、兵庫県木材業協同組合連合会のHPに載っています。
もちろん、おぎもくでも県産材を製材していますのでお気軽に問い合わせ下さい
楽しい
当社では、乾燥後、木材の反り・狂いのほとんど起こらない中温乾燥法を適用しています。

乾燥

前回製材した杉板を、木材人工乾燥機に入れます。
 木材人工乾燥機
本来、自然に乾かす天然乾燥が1番自然な乾燥方法ですが
時期によっては乾燥するまでに半年以上かかり
また木の素性により安定して乾かない材もあるので、乾燥機を使用します

積み込み中。奥行きは、14mもあります。
 
乾燥機の中はこんな感じです。

乾燥時間は、約8~10日間です。現在主流の高温乾燥方法だと
数日で乾燥しますが、木材が変色したり、成分が抜けてしまう恐れがあります。
その為、当社では自然乾燥に最も近い中温乾燥を選択しています。
高温乾燥に比べ乾燥時間はかかりますが
乾燥後は違いが見た目にもはっきりと現われてきます。

製材

皮剥きした丸太を製材します。

前にも書きましたが、木は生き物なので1本1本性格が違います。
その為、丸太の特徴・クセ・向きなどを確認して製材します。
しっかり確認して製材する事により、安定した品質になります。


製材機。帯鋸という大きい鋸が回転して製材します。

読みどおりの製品が取れましたグッド

赤みの綺麗な生節の板です。

この後は、木材人工乾燥機に入れます。

皮向き

市場で仕入れた丸太が入荷しました!!

次に、丸太の皮をバーカーと言う機械で剥いていきます。
 皮剥き前
 皮剥き後
綺麗に剥けました。この時に木の向きも統一します。

皮剥き前と皮向き後

そしていよいよ製材に入ります!!

木材市場

丸太を仕入れに宍粟市にある山崎木材市場に行ってきました。
 
木は、生き物なので1本1本特徴があります。
せりが始まる前に丸太をチェックします。

この丸太は楕円形なので製材後変形する可能性があります。

一方、こちらは色が黒いので、内装材には適していません。

このような、色・形がきれいなのが理想です。

せりが始まりました。指で自分の値段を表示します。
1番高く出した人にせり落とされるので、色・形以外にも
節の具合や曲がり、年輪のくせなども確認します。

 せり風景
今回は、内装材用の杉丸太をせり落としました。
製品までを順を追って紹介していこうと思います。

丹波おもろいでGOGOフェスタ

11月23日(日)に「丹波の森公苑」で丹波市青年部事業による
「丹波おもろいでGOGOフェスタ」が開催されました。


その中で、青年部春日支部は、「キッズチャレンジ」をしました。
これは、子供たちに働くことの大切さを伝え、
物づくりを体験してもらうことを目的としています。
今回は、「だいく」は、イスづくり。「でんき」は、電気スタンド。
「さかん」は、「大津磨き」を利用した泥団子です。

どれも大盛況で、すぐに定員に達しましたモグモグ
 だいく
 さかん
 でんき