おぎもくブログ

カテゴリー: ブログ

無垢(むく)材と集成材

木材製品には、無垢材集成材に大きく分かれます。
無垢材は、1枚ものの材料です。
一方、集成材は、ラミナと呼ばれる板を接着剤で張り合わせたものです。
柱や構造材に使われ、ほとんどの大手ハウスメーカーが集成材を使用しています。
無垢材(1枚ものです) 無垢材(1枚もの)
集成材(張り合わせです) 集成材(張り合わせ)
無垢材は、木が本来持つ調湿作用、心を落ち着かせる作用などがあります。
反面、乾燥していないものは、反り、曲がりが生じることがあります。
集成材は、使用できるサイズが非常に広く、巨大ドームなどにも
用いられます。
しかし接着剤の使用により、シックハウス症候群の原因のひとつとも言われていました。
現在では、建築基準法によりクロルピリホスを含んだ建材の使用禁止。
ホルムアルデヒドを含んだ建材の使用面積の制限ができましたが、
まだまだ最低ラインに思えます。

家は、”買うもの?” ”建てるもの?”

施主の方にとって、家は買うもの・建てるもの
と大きく二つに分かれるのではないでしょうか?
買うものと考えられる方は、カタログで調べたり、展示場で現物を確認したりすると思います。 これは車を買う感覚に似ているのでは?
一方、建てるものと考えられる方は、材料等に、よりこだわりをお持ちの方が多いのではないでしょうか?
逆に、住宅を売るものと考えた場合、クレームを避けるため、
同品質で安定供給される工業製品が中心となります。
その為大量に家を売るメーカーは、構造材に集成材、内装材に新建材・クロスの使用を基本としています。
材料屋として気になるのが、集成材・クロス等に使用される接着剤です。
次回は、もう少し接着剤について書こうと思います。

材料屋の独り言

おうち最近の住宅の広告には、自然素材の家、健康住宅といった
言葉があふれています。
どの広告にも良いことしか書いてありませんが、
あれっ?と思うこともあります。
これらを材料屋の立場からちょくちょく書いていこうと思うので、家を建てようと思われる方の参考に少しでもなればと思います。
(業界裏話も?^-^;)