おぎもくブログ

カテゴリー: ブログ

桧 その2

特殊サイズの桧の柱を製材しています。
 桧原木
普通は、12cm×12cmのサイズが一般的ですが、
今回は、12cm×24cmもあります!!

 製材後、芯挽きします。

どのような家になるか楽しみですね(^0^)
この後、乾燥機に入れます。


この写真は、桧ですが、長さが9mで背が36センチもあります。
杉や米松では、さほど珍しいサイズではありませんが
桧でこのサイズは、なかなかありません。。。
今回の物件は、桧をふんだんに使用していますので、また違った趣が見られると思います(^0^)

ご迷惑をかけました。

サーバー不調のため、5月30日(金)より閲覧出来ない状態でしたが、
無事復活しました。

経年変化3

前回と同じく、5年目を迎えた家の構造材です。
材料は、杉で構造材もフローリングと同じく、穏やかな色合いになっています。


2階に39mmのフローリングを使用し、そのまま1階の天井になっています。

こちらは、30mmのフローリングを化粧野地に使用しています。
一方こちらは、杉の壁板。
こちらも、色合いがなじんできてます(^0^)

経年変化2

当社の納めた材料で、5年目を迎えた家を見せてもらいました。
 杉 フローリング 
施工時より色合いも穏やかになっています。

 
5年たっても、実(さね)に隙間がほとんどありません。

このことに一番驚かれるのは、実は大工さんだったりします。
以前から、木材は反る印象がありますが、
しっかり乾燥・養生した木材は、ほとんど反りません!!
施主様の奥様にも掃除がしやすいと好評です(^0^)

木木市が開催されました。

5月17日(土)、18日(日)丹波年輪の里で木木市が開催されました。


天候にも恵まれ、多くの人が来られていました。
また木の館の2階には、兵庫県産木材等の展示もしてあります。


当社のJAS製品も展示してあります。

化粧野地

篠山市の園田工務店様で、当社の30mmフローリングが
屋根の化粧野地に使用されました。

最近は12mmの合板か12mmの野地板を使用することが多いですが、
30mmにすることにより、断熱効果が大きくなります。
また、現し(あらわし)工法にすることにより
木の香りも漂い、落ち着きの空間になります。。。

39mm厚 フローリング

富田工務店様Y邸に、杉無垢フローリングが入りました。
写真では分かりませんが、厚みが39mmもあります。
多くの家では、15mm厚が多いので、厚みの差はなんと、約2.5倍!!


厚みが大きいほど断熱効果も大きくなり、特に冬は大変暖かく過ごせます。
施主様も床暖房と悩まれていましたが、現物を見て一目で気に入られました。
しかも、今回は無節上小(節のほとんどない)フローリングを使用しています。

県営住宅

県営住宅に使用された、当社のフローリングを見てきました。
 
まだ、工事の途中ですが。。。


エンドマッチ加工も綺麗に収まっています。

春の恒例 「もくもく市」

今年も春の恒例「木木市」が5月17(土)18日(日)に
丹波年輪の里で開催されます。
DIY向けの木材・端材が数多く出るのでお気軽にお立ち寄りください(^0^)