おぎもくブログ

カテゴリー: ブログ

雪が降りました

 

暖冬で雪もあまり降らなかったですが、丸太にも少し積もりました。

 

 

 

 

 

 

 

その後は快晴になり、雪もほぼ溶けています。

例年に比べ、極端に雪の少ない冬ですね。

 

杉床すぎもく施工されました

 

 

福井県の今井建築様の現場です。

二階に杉床すぎもくを施工されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ささら梁は、中温乾燥材で化粧材になります。

 

 

 

 

一階は、杉床すぎもく39mmを施工されます(^-^)

 

 

 

内装工事が進んでいます

 

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様の現場です。

 

 

吹き抜けの勾配天井から二階のホールの天井に、上小羽目板を施工されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓枠杉無垢材を施工されています。

 

 

 

 

 

 

フローリングも杉床すぎもくを施工される予定で

杉無垢材に囲まれた穏やかで暖かみのある空間が出来上がりますね(^-^)

 

 

 

杉床すぎもく 施工中

 

 

西脇市の藤井大工様の現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく39mm厚 Fグレード(浮づくり加工)を施工されています。

(Fグレードは、節あり赤身化粧材

 

 

 

離れの土間リビングダイニングに改修中です。

 

 

 

 

 

 

 

天井が低く、床組の高さが取れないこともあり、根太レスで厚床の39mm

を薦めていただきました。

 

断熱効果も大きく、浮づくり加工により足触りも良く、もし傷ができても目立ちにくくなります(^-^)

 

 

ムクの香りが健康に好影響

 

 

日刊木材新聞の2020年1月25日の記事です。

 

 

 

 

 

 

 

実験で、床・壁・天井・建具・窓枠をムクの杉材を使用すれば、深い眠りが長くなったり

認知症の疑いがある高齢者が老健施設の個室をムクの内装に変えて3か月生活すると

元の状態に戻った等書いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

弊社の杉床すぎもくシリーズ壁材・窓枠等を施工して頂いた施主様から

不眠症が治った子供が風邪をひかなくなった愛犬の健康状態が良くなった等の

声を頂いています。

 

 

 

 

 

 

記事の最後のほうに、高温乾燥では香りも少なく、確認できなくなる成分もある

と書いてあります。

 

 

毎日木材に触れている者から見ると、中温乾燥と高温乾燥は見た目から全く違っています。

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく・窓枠等は、すべて中温乾燥材です(^-^)

 

 

 

 

 

杉床すぎもく 納材しました

 

 

南丹市の(株)木工舎様の現場です。

 

杉床すぎもく 39mm厚 Fグレード(浮づくり加工)を納材させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

39mm厚は、見た目も迫力があります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井には、杉床すぎもく 30mm厚を使用されています。

 

 

 

 

 

 

梁も施主様が磨かれ、綺麗に塗装もされていました(^-^)

 

 

 

 

杉床すぎもく 納材しました

 

福井県の今井建築様の現場です。

 

 

2階用の 杉床すぎもく30mm厚 Mグレードを納材させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

通し柱は、桧の135mm×135mm大黒柱は、桧の240mm×240mm!!

 

 

 

 

 

 

最近では、あまり見かけなくなりましたが迫力ある建物になっています。

 

1階は、杉床すぎもく39mm厚を使用される予定です(^-^)

 

 

リフォーム現場

 

 

綾部市の齋藤工務店様のリフォーム現場です。

 

杉床すぎもく 30mm厚 Mグレードを施工されています。

 

 

 

 

 

 

現在2階を施工されていますが、1回も杉床すぎもくを施工される予定です。

天井・腰板杉板を使用される予定で、窓枠もおぎもくオリジナル製品を使用されます(^-^)

 

 

 

 

 

初市

 

 

木材市場の初市へ行ってきました。

 

 

 

丹波林産振興センター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山崎木材市場

 

 

 

 

 

 

 

同じ兵庫県内の木材市場ですが、同じ樹種でも地域によって微妙に違ってきます。

 

 

その中から最終製品を想定して、丸太を競り落としていくのが醍醐味ですね(^-^)

 

 

杉床すぎもく 経年変化(10年経過)

 

 

(株)おぎもく 和久湧久工房(わくわくこうぼう)内に展示中の

杉床すぎもくが施工後10年の歳月を迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

平成22年1月から丁度10年経過しました。

 

 

 

 

 

 

10年経過しても、反り等がほとんど生じていないのが分かると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

エンドマッチ加工もほとんど変化が見られません。

 

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもくは、厳選された丸太で職人の厳しい眼で1枚1枚生産しています。

 

 

 

 

 

そして、木材本来の性質を生かす中温乾燥により

施工後10年経過しても、ほとんど反り等生じない、杉無垢フローリングです。

 

 

 

 

最近は、杉本来の性質をより生かせる39mm厚フローリングが、人気急上昇中です(^-^)