おぎもくブログ

カテゴリー: ブログ

配達直前!!

 

 

写真は、杉床 すぎもく39mmすぎもく30mm押し入れ中段セットです。

 

 

 

押し入れ中段セット

 

 

 

 

 

杉床 すぎもく30mm

 

 

 

 

 

杉床 すぎもく39mm

 

 

 

 

今日も、あちらこちらの現場に配達されます。

 

夏以降、特に39mm厚30mm厚厚板の杉床を使用して頂く現場が

大きく増えてきています。

 

 

木材の本来の性質を活かす、中温乾燥の杉材で

安心・安全・快適な暮らしのお手伝いが出来ることと確信しております。

 

 

 

 

上棟されました

 

 

丹波市の宮下建築様 S様邸上棟です。

 

 

 

 

 

 

 

柱、桁、梁は、全て杉の中温乾燥木材を使用されています。

土台は、桧の中温乾燥木材です。

 

 

 

 

床は、杉床すぎもく39mm厚を使用される予定です(^_^)

 

 

 

 

 

 

古民家に 杉床すぎもく

 

篠山市のH工務店様の現場です。

 

 

 

 

古民家の広縁に、杉床すぎもく39mmを施工されました。

 

 

 

 

 

39mmの厚さにより、衝撃を吸収する歩行感の良さが心地よいです(^_^)

 

順調に製材中

 

 

長さ14mの杉材の製材が順調に進んでいます。

 

 

 

 

 

14m材の右側の手前にある5mの構造材が短く見えますね(;^ω^)

 

 

 

 

 

 

長さ6m以下の丸太と違い、鋸の抱き込みやコアの処理などが

重いこともあり、工夫が重要になってきますが

順調に作業が進んでいます。

 

 

 

 

長さ14mの丸太を製材

 

 

長さ14mの丸太をいよいよ製材します。

 

 

樹種は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、長い!!

台車の長さもギリギリなので、バランスを崩さないよう丁寧に乗せます。

 

 

 

 

 

 

木の向きやくせにも注意します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約50本製材します。

 

 

 

 

長さ14mの丸太!!

 

 

長さが14mもある杉の丸太が入りました!!

 

 

 

 

 

 

フォークリフトで降ろすのも一苦労。

前回製材した通し柱の2倍以上の長さ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、約半分の量。迫力がありますね!!

数日後に製材に入ります。

 

 

桧大径木

 

 

山崎木材市場県産材振興特市

神社より桧大径木が出荷されてました。

 

 

長さ8m。直径62cm

 

 

 

 

 

 

セリ。

 

 

 

 

 

めったに出ない特殊な丸太なので

どんどんセリ上がり、かなりの金額まで上昇しました。

 

 

 

 

 

 

 

通し柱製材

 

通し柱の製材中です。

 

 

通し柱用の桧丸太。

長さは、6mです。

 

 

 

 

真っすぐなように見えて、微妙な曲りもあるので

木のくせを見極めて製材します。

 

 

 

 

 

この後は芯挽きを入れて、中温乾燥でじっくりと乾燥します。

 

 

 

6mの長さでも、長く感じますが

来週は、14m!!の長さの丸太の製材予定です。

 

 

 

 

 

原木仕入れ

 

原木の仕入れに、宍粟市の山崎木材市場まで行ってきました。

 

 

 

 

販売は、セリ方式で1番高く値段を出した業者に競り落とされます。

丸太は、何本かがまとまって、セリにかけられます。

 

 

 

 

セリ風景

 

 

 

 

今回は、すぎもく用の丸太を選び競り落としました。

 

 

 

柱 仕上げ挽き

 

管柱の仕上げ挽き中です。

 

 

 

 

丸太を製材して、中温乾燥でじっくりと乾燥し

養生期間が1か月以上経過した製品のみを仕上げします。

 

 

 

 

養生が終わった柱。

乾燥により、芯挽きを入れた個所が開いているのが分かると思います。

 

 

 

 

微妙ですが、乾燥によりわずかに曲がっています。

 

 

 

 

 

この曲りや開きを修正挽きします。

 

 

 

仕上げ挽き後。

 

 

 

 

 

 

この後は、モルダーと言う機械で最終仕上げをします。

 

修正挽きをせずに、いきなりモルダーで仕上げすることも可能ですが

やはり、施工後しばらく経ってから違いが表れてくることが多いので

必ず、修正挽きをします。