おぎもくブログ

カテゴリー: ブログ

完成しました!!

 

丹波市の(有)田野工務店様のK様邸完成しました!!

フローリング窓枠建具枠全て杉の無垢材を使用して頂きました。

 

 

 

 

 

 

2階の床は、杉床すぎもく39mm厚です。

2階の音が吸収されて、1階に響かないと実感されていました。

 

 

 

 

 

 

窓枠、建具材も杉中温乾燥木材です。

 

 

 

 

 

下駄箱カウンターにも杉の天板を使用されて

温かみのある空間が一層引き立っていました。

 

 

 

杉床すぎもく 実験中

 

 

2018年8月10日(金)(株)おぎもく事務所にて

杉床すぎもくさくら無垢フロア建材フロア

密封容器に入れ、それぞれにパンの切れ端を入れました。

 

 

 

 

 

わかりづらいですが

左から建材フロアさくら無垢フロアすぎもく15すぎもく30すぎもく39になります。

 

 

 

 

 

 

杉の特性として、調湿性空気の浄化作用などがどのようになるかの実験です。

 

 

 

 

 

8月21日(火)の状態。

 

 

 

 

 

 

 

合板フロア、さくら無垢フロアは、カビが発生しています。

 

 

 

 

 

 

 

杉床 すぎもくは変化がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

引き続き実験していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏季休暇のお知らせ

 

夏季休暇を下記の通りとさせていただきます。

 

 

 

8月11日(土)~16日(木)

 

 

 

17日より通常営業となりますので、よろしくお願いいたします。

 

 

杉床 すぎもく施工されました

 

神戸市の西靖工務店様の現場です。

 

 

杉床 すぎもく(上小グレード エンドマッチ加工)を施工されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

杉の表情と白い壁が創り出すシンプルモダンな雰囲気が

お洒落な部屋になっています。

 

ロフトの階段

 

丹波市の酒井工務店様の古民家改修の現場です。

 

 

ロフトの階段一式に桧 無垢材を使用されています。

 

 

 

 

 

全て手加工されています。

 

 

 

職人さんの技術が光ります。

 

 

丸太仕入れ

 

山崎木材市場納涼特市に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

この時期は、表面割れなど丸太にとっては、あまり良くない時期なので

セリ前に品質の見極めをじっくりとします。

 

 

 

 

 

 

今回は、すぎもく用の杉丸太と用の杉丸太を競り落としました。

 

 

すぎもく用 4m杉丸太

 

 

 

 

 

柱用 3m杉丸太

 

 

 

浮造り(うづくり)加工

 

杉床 すぎもくシリーズの浮造り加工製品の紹介です。

 

 

 

 

 

浮造り加工とは、フローリング表面の

年輪の夏目(柔らかい部分)を削り、冬目(固い部分)を浮かびあげる加工方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うづくり加工により、木目が浮かび上がり

凹凸により、肌触りも良くなります。

 

 

 

 

 

 

 

また、適度な滑りにくさがあるので、ペットを飼われている床にも最適です(^-^)

 

 

杉床 すぎもくアンケート

 

杉床 すぎもくを施工された施主様にアンケートのご協力を頂き

多くの返事を頂いた中で、いくつか紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンケートのご協力ありがとうございました。

 

 

 

最近では、県外からの問い合わせも多く頂いています。

 

 

 

丸太の購入から製材乾燥加工まで全て弊社の生産の為、大量生産は出来ませんが

全て職人の眼を通して生産しています。

 

 

 

 

390mmの梁

 

3m×125mm×390mm米松の梁。

 

 

 

 

 

 

 

150mm×150mmの通し柱を取り払い、3m×125mm×390mmの

米松の梁を使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

かなりの迫力があります!!

 

 

 

重量もかなりありますが、大工さん二人でどのようにして

持ち上げたのかも気になります(^_^;)

 

 

 

古民家改修

 

篠山市内の古民家改修の現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山際の裏手の屋根や桁が朽ちていたので

新たに杉の梁桁を立てています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シコロ屋根が仕上がっています。